a.un 滋賀の建築設計事務所 。住宅や店舗を設計監理してます 。
貴重な経験
今日、うれしいお客さんがありました。
滋賀県から、二人のかわいい高校2年生の女の子です。

彼女達の通っている高校では、各生徒自らが興味のあるテーマを決めて、
1年間を通して探求する”人間探求学”という学習を行っているそうです。
その活動の一環として、興味を持った企業などに伺い、
直接話を聞いたり、仕事を拝見したりする、
フィールドワークを行うというものらしいのですが、
なんと、お恥ずかしい事に私達a.unをサイトで見つけ、
興味を持ってくれたらしく、問い合わせをしてくれました。

彼女達は将来、建築、インテリアに関わる仕事に就きたいと思っていて、
色々なお話を聞かせていただきたいとの事でした。

最初、私達が彼女たちの役に立てるのだろうか。。。と悩みましたが、
こんな機会もめったにない事だし、サイトやブログを見て、
作っているものに興味を持ってくれたのなら、
その気持ちを素直に受け止め、誠実に対応しようと。

そして今日、滋賀県から雨の中、a.un事務所に来てくれました。

会うまではメールでのやりとりだけだったので、どんな子なのかドキドキでしたが
二人とも、高校生らしい素直なかわいい子達だったので、
ほっとしたと同時にテンション上がって、
彼女たちの質問に対して、答え以上にしゃべり過ぎてしまいました(苦笑)

自分達が高校生だったころ、こんなにも将来のことを考えていただろうか・・??
いや考えてません(断言)
二人のしっかりした質問内容、驚きました。
(そしてお母さんの年齢が若くてもっとびっくり!)

事務所での質問と写真を見ながら仕事の話をした後、
駅までの帰り道でもあったので、百音さんに案内する事にしました。

皆でケーキセットを注文し、百音さんの工事記録の写真を見ながら説明をしたり、
写真で見るだけでなく実際のお店を見て、喜んでくれた様でした。

将来、彼女たちが大学へ進学し、本格的に建築やインテリアを学んでからも
a.unに興味を持ち続けてもらえるように、そして追い越されないように、
もっともっと頑張ろうと、改めて身の引き締まった一日でした。

陰ながら応援したいと思います。
そしていつでも遊びにきてね。

貴重な時間を本当にありがとうございました。

(terco)

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2009-11-17 21:21 | 日常 | Comments(0)
<< 冬支度 アラジン登場2009  たかが塀、されど塀 >>