a.un 滋賀の建築設計事務所 。住宅や店舗を設計監理してます 。
模型を眺めながら、楽しい会話。
水沢の家 第一案。
模型を使って説明をさせていただきました。

二世帯での家族の距離感というのは各家庭それぞれだと思いますが、
近くなることで、仲が悪くなったり、生活音の問題だったり色々あるのが
現実問題だと思います。

今回は、生活スペースを明確に分けたうえで
共有スペース(土間や和室)を設け、
そこで井戸端会議を開いて、嫁、姑、子供達、近所の親戚やお友達も、
皆さんで楽しくおしゃべりしていただければいいなぁと考えました。

無理せず暮らせる。
それが一番じゃないでしょうか?
d0116299_17533392.jpg


で、模型を見ながらの会話がたのしかったです。

奥さんは、まずスケール1/50の人形に食いつき(軽いボケ)
(まず家でしょ!と心でツッコミ)

旦那さんは脅威の空間把握能力でちょっとした指摘をズバズバ。
(収納が少ない、トイレが一つでいいかもなどなど)

『でも、いいね〜さすがだね』とお言葉をいただきほっとしました。
あと、お母さんにも確認していただいて次のステップに進もうと思います。

模型をしっかり見て、何か感じ取ろうとしてくれる施主さんは最高です!

(a.un)

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2010-04-05 18:15 | (住宅)水沢の家 | Comments(0)
<< 一色の家 現場調査と初打合せ。 三角屋根のプラン >>