a.un 滋賀の建築設計事務所 。住宅や店舗を設計監理してます 。
包丁とバターナイフ
包丁を作っていただきました。
種類は何でも使える三徳にしました。
友人の誘いで、鍛冶屋さんの工房を見学させていただいたのがきっかけです。
実際に刃物を作る工程も見せていただき、テレビや写真で見て知ってはいましたが、
あれほど火花がすごいものだとは、知りませんでした。

その時の仕事に対する真摯な姿勢に感動し、ものづくりの考え方に共感し、
前々から包丁を作りたいと思っていたのもあり、お願いする事にしました。

包丁を作ると言っても、鉄には種類が色々あるという事を知りました。
作ってらっしゃる包丁の種類は、白紙2号と青紙2号があり、
その違いは、白紙は不純物を極力除いた鋼で、青紙は白紙をベースにし、
錆にくさや刃の耐久性などを上げる為に添加物が入ってるそうで、
刃持ちの良さで料理人が好むそうです。

色々悩みましたが、一生ものだし、プロ好みの青紙2号にしました。
今まで使っていたステンレスの包丁とは全く違い、しっかりとした重さがあって、
スーと入って切れていく、そんな感じです。
そして何より手入を怠ると、すぐにわかってしまうそうです。。。
がんばります。
d0116299_214283.jpg

そして包丁の横に"?"の紙に包まれたものが。。。
なんと、バターナイフが「おまけ」で付いてました。
ステンレスの丸棒を鍛造されたそうです。
手作り感漂う無骨な感じが、これまたいい感じなんです!
職人さんの手仕事の素晴らしさ、感動です。
大切にします。
ありがとうございました。

(terco)

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2010-07-28 21:46 | 大切なもの | Comments(2)
Commented by yunkao at 2010-08-07 21:40
お久しぶりです。
いい道具だね!お料理も気合が入りそう。おまけまで素敵。
職人さんの手仕事は本当に素晴らしいね。


Commented by aunmidori at 2010-08-10 09:53
久しぶり!!
テレビ見たよ(笑)
包丁、いいよ〜。やっぱり、卓治さんの器もそうだけど、
作り手の人柄が作るものに表れるから、
使っててあったかい気持ちになるし、大切にしなきゃって思う。今年も二人に会えるかな。今から楽しみです☆
<< 経過 一色の家 プレゼン >>