a.un 滋賀の建築設計事務所 。住宅や店舗を設計監理してます 。
一色の家 現場日暦 12/23 祝 完成
愛知県西尾市一色町の「一色の家」
親世帯の建具もすべて入り、無事に完成いたしました。

お施主様、現場監督さん、大工さん、各業者の職人さん、
関わって下さったすべての方に感謝いたします。

まだ駐車場、木塀などの外構工事が残っておりますので、
すべての工事完了は来年になりそうですが、
新しく二世帯住宅として生まれ変わった「一色の家」で
家族皆様そろって新年を迎えていただけそうです。

親世帯のご家族は工事中も住みながらの生活だったので
本当に大変でお疲れだったと思います。
年末まで、片付けや掃除などで大変だと思いますが、
薪ストーブを中心に、親世帯、子世帯共々
益々幸せに楽しく過ごしていただける事を
何より願っております。

考えてみれば、最初のご相談から約2年になろうとしていますね。。。
改めて月日が流れるのは年々早く感じます。
現場は終わりますが、これからも長いおつきあいをお願い致します。。。

メリークリスマス☆
d0116299_1425150.jpg

昔の家の様な玄関がいいという事で、玄関と廊下の間に新しく建具が入りました。
少し和を感じさせるイメージで作った建具。
優しい光が薪ストーブの部屋に差し込みます。
d0116299_1425648.jpg

リビングと和室を仕切る杉の建具。杉縦貼りの壁に対し、建具はすべて杉横貼りにしています。
そうする事でモダン過ぎず、少し懐かしい雰囲気で、落ち着きます。
d0116299_1425889.jpg

事務所のモルタル床。息子さんを中心にご家族で埋められました。
大きさや模様の違うカラフルなビー玉が規則正しく並んでいます。
抽象絵画の様で、素敵ですよ。
d0116299_1425247.jpg

こちらは”Pari du Mari ”さんにお願いして作っていただいたお菓子。
いつも出していただくお茶やコーヒーが本当に美味しくて、
それに合うお菓子という事で。
香りづけに少しラム酒が入った蒸し羊羹の上に大和芋のきんとん生地を塗り、
ヒノキで作った木型で色んな足跡が付けてあります。
口に入れた時、ラム酒が香って何とも言えない贅沢な美味しさでした。

”千客万来”の意を込めて作って下さり、色んな訪れがあって楽しくなる様に、
人間以外に縁起のいい動物の足跡がまるで雪の上を歩いた様に
デザインされています。
何の足跡かわかりますか。。。?
d0116299_15144819.jpg

断面は白と黒のきれいな二層に。
美味しいコーヒーとお抹茶も点ててくださり、美味しくいただきました。
d0116299_14251995.jpg

大工棟梁の杉浦さんも一緒に。
いつも陽気でしゃべりだしたら止まらない楽しい方ですが
(本当にしゃべりは止まらないんです。そして人の話は聞きません:爆笑)
仕事の事になると厳しい表情になり、的確に現場をまとめ上げて下さいました。
本当にお世話になりました。
寒い日が続きますが、あと残り外構工事宜しくお願いいたします。

(a.un)
[PR]
by aunmidori | 2011-12-24 15:09 | (住宅)一色の家 | Comments(0)
<< フルーツサンド 奈良へ >>