a.un 滋賀の建築設計事務所 。住宅や店舗を設計監理してます 。
引っ越し
4/30 恩師の引っ越しをお手伝い。

先輩K多さんと僕。
一人暮らし56歳の引っ越しなので、2tトラック一台分位だろうと想像していたのだが、実際荷物をみて唖然・・・・K多さんと目が合い、『これはこの人数、一日では無理でしょ』
そんな状況で朝10時に引っ越しは始まった。
まず、衣装ケースから運び出し、これだけで30ケース、その次に莫大な本を紐でくくる。
本はざっと1000冊。次々に運び出される荷物をみて『全部ほんまに必要なもんなの?』

恩師に聞く『全部運ぶんですか?置いといて、ゴミの処分とかは?』
恩師答える『うーん・・・全部とりあえず必要』
僕 『あ・・・はい。わかりました。』

荷物を少しでも減らそうと思ったが、それは叶わぬ希望となり黙々と作業は続く。
途中簡単な軽食と、水分補給をとり、ひたすら続く。
気温26度。暑い。
やっと1回目荷物が、トラックの荷台を埋め尽くす。
ロープとシートでしっかり固定して時計をみたら午後2時。
引っ越し先は、大阪市内。
さあ出発。
移動中のトラックでは、前日テレビに出演していた建築家 黒川紀章の話題で多少
盛り上がるが、やはり皆疲れの色が隠せない。
引っ越し先に到着後、荷物を急いで投げ入れて1回目終了。
この時点で午後3時半。
これが、あと2回も・・・

2回目のメインは食器類。
恩師に 『新聞にくるんでくださいね』
恩師 『わかった』
その間、僕とK多さんは他の荷物を運びだす。
そして、いざ食器を運ぶ段階で新聞にくるんであるはずの、食器類をみて

2人唖然。『くるんでないやん!!!!怒』

ロイヤルコペンハーゲン、美濃焼など高そうな陶器がほとんどそのままの状態。
普段温厚なK多さんの顔色もどこか冷ややかな感じに。
新聞で急いで食器をくるみ、2回目出発。
そんなこんなで2回目終了時点で午後8時。
ラスト1回はどうするんだ???
このままだと午後11時になるで。。。

恩師に聞く 『3回目どうされますか??』
恩師 『やってしまおう』
僕 『は‥はい』

やはり続く。
3回目は細かいものが多い、ほとんど放り投げてトラックに詰め込む。
全てを終了し、トラックを返却した時間は午後11時。
約13時間、ひたすら荷物と格闘してやっと終わった。

K多さんと缶ビールで喉を潤しながら、一言。
『 ほ ん ま に 疲 れ た 』
引っ越しの手伝いはしばらくお断りしようと、心に決めた一日だった。    (森)

【話のオチも笑いもなくてすみません・・・・】 
[PR]
by aunmidori | 2007-05-02 11:15 | 日常 | Comments(0)
<< oasi detail 京都二条 おばんざい+カフェ 百音 >>