a.un 滋賀の建築設計事務所 。住宅や店舗を設計監理してます 。
キリン杯 コロンビア戦
サッカー日本代表。
タイトルのかかってる試合だけあって、相手の本気度も高く、真剣な戦いという
意味で、観てて面白い内容だった。
前半は欧州4人組勢揃い+中村(憲)、遠藤、このメンツでは2列目から走りだす
選手がいないので、厳しい。
動き出しが遅いから、パスの判断もコンマ何秒か遅い。
スペース見つけて走りだす選手や、スペース見つけてどんどんパスを出す選手
が少ないからコロンビアの守備陣は余裕で対応してましたね。
後半、羽生投入。
一人走りまくり、2列目から抜け出し、ドリブル勝負しかけるだけで、
見違えるようにパスは繋がる、相手のファールも増え、ゴール前でのFKが増える。
オシムはJEFの選手を入れて、他の選手に意思を明確に伝えている
『もっと人の為に走りなさい』
ああいう後半のサッカーを見せられると、オシムのサッカーで使える選手、使えな
い選手が明確になってくるからおもしろい。
今後、どういう選手がでてくるかわからないけど、若い選手でどんどん仕掛ける
選手、ゴール近くドリブルで勝負する選手を期待しています。
(松井、大久保、柿谷、梅崎、などなど試して欲しいですね)

コロンビア戦で良かった選手
高原:身体の強さ、確実なボールキープ良。
阿部:守備のセンスが抜群。ことごとく危ない地域を消してた。
   今後のオシムジャパンのキャプテン候補。
   遠慮せず、チームを仕切って欲しい。
中沢:相変わらずの安定感。
駒野:クロスの精度は悪いが、上がる姿勢良かった。
播戸:ラスト2分だけど、気持ちの入りは最高。

アジアカップがめちゃめちゃ楽しみになってきたぞ。(森)
[PR]
by aunmidori | 2007-06-05 23:30 | サッカー | Comments(0)
<< リアリズムの宿   薪能 >>