a.un 滋賀の建築設計事務所 。住宅や店舗を設計監理してます 。
ストイコビッチ復活!
ストイコビッチ!復活

ストイコビッチ 大好きな選手の一人でした。
名古屋グランパスに来ると聞いた時は
『なんであんなに良い選手がJリーグに来るの?』
と本気で思いました。
90年ワールドカップ 準々決勝のアルゼンチン戦。
あの試合のストイコビッチは18年経過した現在でも記憶に残る素晴らしいプレー
振りで、『キレキレ』と言う表現がピッタリな活躍でした。
あの試合に限ればマラドーナよりもストイコビッチ。
完全に試合をコントロールしてたし、数多くのチャンスを作りだしていた。
でも他の選手がたくさん外してたような(記憶がちょっと曖昧)
左サイドでのゴール近くでの『キュ』というドリブルの切り返し。
思い出すだけでしびれる。
最後はPKを彼自身がバーに当ててしまい負けたのだけど‥
(あの試合見たいな。誰かビデオ持ってないかな)
もしあの試合ユーゴが勝利してたら、人生が変わりストイコビッチも、
オシム(当時監督)も日本に来る事はなかったかもしれません。

でもユーゴは負けて、ストイコビッチはその後何年間か怪我の影響もあり
活躍できず。極東の日本へ。名古屋グランパスへ。
グランパス時代の活躍は皆さんもご存知かと思いますが、一人次元の違う
テクニックでサポーターを沸かせていました。
ベンゲルと共にアーセナルに移籍しても何ら不思議でない活躍ぶりだったので
日本のサッカーファンは彼を長い期間、間近で観戦できたので本当に
ラッキーだったと思います。

そんな彼が古巣グランパスに監督として帰ってきます。
『名選手、名監督にあらず』
そんな言葉はストイコビッチの辞書にはないと信じてビッククラブに
育て上げて欲しいものです。
Jリーグも本当に楽しみです。
(森)
[PR]
by aunmidori | 2008-01-22 18:58 | サッカー | Comments(0)
<< 乾燥警報 模型ひとまず完成。 >>