a.un 滋賀の建築設計事務所 。住宅や店舗を設計監理してます 。
打合せの後
17日打合せ後、絶対に立ち寄ろうと決めていた滋賀県甲賀市信楽の
(MIHO MUSEUM)
ここへ向かう途中、三重と滋賀の県境周辺に伊賀の丸柱地区がある。
ここは伊賀焼きの窯元が多く集まる焼き物の里で車から見える風景は
本当にのどかで、流れる空気が緩やかに感じる程の田舎だ。
天気も良いし緑も最高に奇麗だったので、
この環境だったら、落ち着いて作陶に没頭できる場所だと感じた。

そんな田舎にギャラリーカフェ yamahon があった。
ここも『住む』という雑誌でみかけて以降、一度立ち寄りたいと思っていた。
d0116299_14595178.jpg

d0116299_14581465.jpg

d0116299_14575826.jpg

ギャラリーでガラス作家さんの作品を見た後、カフェでコーヒーを頂く。
味がどうのこうのよりも、この環境でギャラリーとカフェを営んでいる
オーナーさんの勇気がすごいな‥お客さんは沢山いたけど本当に不便な場所
だから、それをカバーできる魅力的な何かがあるんやね。
素敵や。

yamahonの後、急ぎで(MIHO MUSEUM)へ向かう
道途中、伊賀焼きから信楽焼きに変わり、水がめと素焼きの鉢を購入。
(めだか飼う予定ね)
なんだかんだ沢山寄り道したせいで、閉館40分前に(MIHO MUSEUM)到着。
ここは建築界の大長老 I.Mペイ氏の設計である。
まず入場券を購入してから、7分程歩きます。
目の前にトンネル出現。
これが美しいトンネルなんです。
d0116299_1516535.jpg

d0116299_15162041.jpg

d0116299_15163837.jpg

トンネル奇麗でしょ?
いよいよ入館、
幾何学ですね。
d0116299_15191783.jpg

d0116299_15194933.jpg

d0116299_1520619.jpg

d0116299_15202839.jpg

○ △ □ 幾何学模様。
建築の大部分を地中に埋め込んであるので、山にすっととけ込んでいる。
なんだかとても安心感のある建築だ。
与謝蕪村の企画展をやっていたのだが、寄り道したので時間がなく、
ほとんど駆け足のように美術館内を急ぎで歩く。
ゆっくり来たかった。

そして、また急ぎで帰る。
夜は、下立売り仲間、橋本さん達と噂の居酒屋『おやじ』での飲み会。
T2の二人、日本画家のマリ子さんと、マリ子さんお兄さん。
遅れて、百音山本さん。
マリ子さんのお兄さんがソルトレイクシティー帰りという事で、
アメリカの話を聞いて楽しむ。
黄色のハマーはアメリカに合う、あの色は京都には合わない。
『おやじ』名物巨大おにぎりが食べれなかったので、残念だったけど
楽しい時間を過ごさせていただいた。ありがとう。
(森)
[PR]
by aunmidori | 2008-05-18 15:36 | 個展・展覧会・ライブ | Comments(0)
<< 美味しいピザ屋 chicoさん 打合せは >>