a.un 滋賀の建築設計事務所 。住宅や店舗を設計監理してます 。
芸術の秋
一年点検終了後、ちょっと東京へ寄り道。
ギャラリー間で行われてる”安藤忠雄建築展”を見に六本木へ向かう。
d0116299_212526100.jpg

安藤氏の原点である”住吉の長屋”を原寸大模型で再現してあるというので、
狭小住宅の参考にとスケール感を体感すべく、中へ入りました。
家具などが置かれていないというのもあり、思ったより狭さは感じませんでしたが、
狭い住宅の中央三分の一を占める面積をあえて中庭にし、開放する。
快適さとは何なのか。限られた条件の中でそれを突き詰めた結果生まれた
自然との共生。
雨の日はトイレに行くのにも傘をささないといけないという、お客様には悪条件だったところを
説得し、実現したことは、ほんとうにすごいと思う。
改めて狭いからこその空間の《抜け》の必要性を感じました。

その後、安藤建築繋がりで、ミッドタウン敷地内にある21_21の
吉岡徳仁ディレクション”セカンド・ネイチャー”展へ。
d0116299_21423517.jpg

第2の自然を作り出す行為をテーマに国内外8組のクリエーターの作品を展示。
その中で、なんと言っても圧巻だったのが、ディレクションを務める吉岡氏の空間全体を包む
雲のようなインスタレーションでした。
無数のファイバーの紐というか糸が天井から長さもランダムに吊され、ほんとうに雲の様に、
なんとも不思議な空間になってました。
ずっと私の胸はざわめきっぱなしで、ほんとうに素晴らしかったです。
d0116299_21354689.jpg

(terco)

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2008-11-28 21:09 | 個展・展覧会・ライブ | Comments(0)
<< 抹茶と和菓子 1年点検 >>