a.un 滋賀の建築設計事務所 。住宅や店舗を設計監理してます 。
カテゴリ:個展・展覧会・ライブ( 45 )
京都映画祭
今週から、第六回京都映画祭が始まります。
今年は縁あって、少しお手伝いさせていただいています。
映画は好きですが”映画好き”とは違って、
思い立ったときにDVDを見たり、映画館へ行ったりの程度。
そんな私ですが、関わらせていただいてるおかげで少しだけ
映画に対する考え方や、見方が広がった気がします。

映画祭を運営されている方々は勿論、映画が大好きです。
千本丸太町の辺に住んでますって言った途端、
”千本通り、あの辺りはね〜、昔はね〜千本座があって〜”と
話が始まるのです(笑)
なかなか聞けない貴重なお話ですよね。
みんな映画を、日本映画を愛してます!
そういう方々によって、日本映画の歴史は作られ、
そしてそれを守って、伝えてこられたからこそ、
京都映画が100年という時を迎えられたんだと思います。
100年という節目の年に、参加できた事、幸せに思います。
こんな時でもないと見られない貴重な映画ばかりです。
是非、たくさんの人に見て欲しいですね。
d0116299_21112733.jpg


■概要■
”第六回京都映画祭”
日程:平成20年10月8日(水)~13日(月・祝) 
会場:祇園会館/京都みなみ会館/MOVIX京都【映画上映】

(terco)

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2008-10-06 20:53 | 個展・展覧会・ライブ | Comments(0)
田中泯×鬼太鼓座
田中泯鬼太鼓座(おんでこざ)を見に行ってきました。
世界各地で舞踏家として活動されてる田中泯さん。
一度彼の姿を見たいと思っていました。
たそがれ清兵衛やメゾンド・ヒミコでのゲイの役をされてた人だと言えば、
ご存じの方も多いはず。
会場は、誉田屋源兵衛はという京都室町で創業270余年の帯問屋。
十代目である山口源兵衛氏が、どうしても田中泯と鬼太鼓座のコラボレーション
をしたいという事で実現したらしいです。
鬼太鼓座の和太鼓の音の中で田中泯が踊る。。。
田中泯の手や顔の微細な動 き、息づかい。。。
そして鬼太鼓座の力強い和太鼓の振動。。。

最初は太鼓の音の迫力に意識を奪われていたんですが、いつのまにか、
田中泯さんの姿に引き込まれ、そして音は素晴らしいサウンドに変わっていった。
見てる間ずっと心臓の音がバクバク鳴り続け、興奮状態の私。
鳴りやまない拍手の中、すべてを出し尽くしふらふらの田中泯と鬼太鼓座の方々。
ほんとうに素晴らしかったです。
なんだか昔の日本映画を見ているようなとても濃いものでした。
d0116299_20291183.jpg


(terco)
a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2008-10-03 23:19 | 個展・展覧会・ライブ | Comments(0)
チェンマイからのお葉書
d0116299_14113692.jpg


ハガキが届きました!
ありがとう〜
otimoのお二人とご一緒させていただく予定です。

もしかして。。。10年ぶり〜!?

再会と旦那さまの器とそして香川のプチ旅にワクワク。


(terco)

”やわらかい器とのんきな花器展2”
会期:2008.10.8(水)〜10.19(日)
場所:プシプシーナ珈琲

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2008-09-20 14:13 | 個展・展覧会・ライブ | Comments(2)
打合せの後
17日打合せ後、絶対に立ち寄ろうと決めていた滋賀県甲賀市信楽の
(MIHO MUSEUM)
ここへ向かう途中、三重と滋賀の県境周辺に伊賀の丸柱地区がある。
ここは伊賀焼きの窯元が多く集まる焼き物の里で車から見える風景は
本当にのどかで、流れる空気が緩やかに感じる程の田舎だ。
天気も良いし緑も最高に奇麗だったので、
この環境だったら、落ち着いて作陶に没頭できる場所だと感じた。

そんな田舎にギャラリーカフェ yamahon があった。
ここも『住む』という雑誌でみかけて以降、一度立ち寄りたいと思っていた。
d0116299_14595178.jpg

d0116299_14581465.jpg

d0116299_14575826.jpg

ギャラリーでガラス作家さんの作品を見た後、カフェでコーヒーを頂く。
味がどうのこうのよりも、この環境でギャラリーとカフェを営んでいる
オーナーさんの勇気がすごいな‥お客さんは沢山いたけど本当に不便な場所
だから、それをカバーできる魅力的な何かがあるんやね。
素敵や。

yamahonの後、急ぎで(MIHO MUSEUM)へ向かう
道途中、伊賀焼きから信楽焼きに変わり、水がめと素焼きの鉢を購入。
(めだか飼う予定ね)
なんだかんだ沢山寄り道したせいで、閉館40分前に(MIHO MUSEUM)到着。
ここは建築界の大長老 I.Mペイ氏の設計である。
まず入場券を購入してから、7分程歩きます。
目の前にトンネル出現。
これが美しいトンネルなんです。
d0116299_1516535.jpg

d0116299_15162041.jpg

d0116299_15163837.jpg

トンネル奇麗でしょ?
いよいよ入館、
幾何学ですね。
d0116299_15191783.jpg

d0116299_15194933.jpg

d0116299_1520619.jpg

d0116299_15202839.jpg

○ △ □ 幾何学模様。
建築の大部分を地中に埋め込んであるので、山にすっととけ込んでいる。
なんだかとても安心感のある建築だ。
与謝蕪村の企画展をやっていたのだが、寄り道したので時間がなく、
ほとんど駆け足のように美術館内を急ぎで歩く。
ゆっくり来たかった。

そして、また急ぎで帰る。
夜は、下立売り仲間、橋本さん達と噂の居酒屋『おやじ』での飲み会。
T2の二人、日本画家のマリ子さんと、マリ子さんお兄さん。
遅れて、百音山本さん。
マリ子さんのお兄さんがソルトレイクシティー帰りという事で、
アメリカの話を聞いて楽しむ。
黄色のハマーはアメリカに合う、あの色は京都には合わない。
『おやじ』名物巨大おにぎりが食べれなかったので、残念だったけど
楽しい時間を過ごさせていただいた。ありがとう。
(森)
[PR]
by aunmidori | 2008-05-18 15:36 | 個展・展覧会・ライブ | Comments(0)
BAUHAUS
上野にある東京芸術大学の美術館で昨日から始まった
バウハウス・デッサウ展に行って来ました。
初日だったし、しかも土曜という事で、すごい人じゃないかと心配でしたが、
あいにくの天気というのもあったのか、意外に人も少なくて、
じっくり作品を楽しむ事が出来ました。

特に、家具や模型、図面などはたまりませんね。
d0116299_045230.jpg


(terco)

バウハウス・デッサウ展
会期:2008年4月26日(土)-7月21日(祝・月)
月曜休館(ただし5月5日(月)、7月21日(月)は開館。5月7日(水)は閉館)
午前10時~午後5時(入館は閉館の30分前まで)
会場:東京藝術大学大学美術館 
 

[PR]
by aunmidori | 2008-04-27 00:40 | 個展・展覧会・ライブ | Comments(0)
モディリアーニ展
d0116299_071525.jpg

埼玉の帰り、サイトの打合せ目的で東京の友人宅へ
数日お邪魔させていただきました。
序でに久々の東京を満喫。
一つは国立新美術館のモディリアーニ展。
いや〜よかったです。
画集ではわからない色使いの繊細さに引き寄せられ
”黒いドレスの女”の作品の前で釘付けになりました。




2008年3月26日[水]-6月9日[月]
国立新美術館にて ※アクセスの項参照

午前10時~午後6時 ※入館は閉館の30分前まで(金曜日は午後8時まで)
休館日・毎週火曜日 ※ただし4月29日、5月6日は開館、翌水曜日休館

[PR]
by aunmidori | 2008-04-25 00:22 | 個展・展覧会・ライブ | Comments(0)
パラパラマンガ展
実は出不精の私、京都に住んでいて同じ関西で近いのに何年ぶりかの神戸です。
その目的はイワイフミさんのパラパラマンガ展を見に。
しかもいろんな偶然が重なったんです、対した理由ではないですが。。。

①その場所が前から気になっていたカフェでやってるから
②しかも以前から行ってみたかったお店もそのカフェの近くだったから
③しかもしかも最近気になっている洋服が置いてあるお店もカフェの近くだから
おまけに、途中下車して、
最近引渡した梅田にあるお店のその後の様子を見に行くという
大事な事もできちゃうわけです。
一石四鳥とはこのことか???

いや〜数年ぶりの神戸は楽しかったです。
素敵なお店もたくさんできてて、心ときめきましたね。
話が逸れてしまいましたが、
勿論!パラパラマンガ展 楽しませていただきました!
すっごい茶目っ気たっぷりで、
作家本人、なんか落語から取ったみたいなタイトルが多いけどみたいな事
おっしゃてましたが、全部で47種類(かな?)も全部手書きで手作りで、
37ページ(かな?)一つ一つのお話にちゃんとストーリーがあってオチがあって。
ほのぼのしてて、クスクス笑えて、心があったか〜くなりました。
5月に京都でもされるらしいです。楽しみですね。
d0116299_8385145.jpg

[PR]
by aunmidori | 2008-03-23 23:44 | 個展・展覧会・ライブ | Comments(0)
橋本富視さん Agogik (アゴーギク) 
d0116299_1811199.jpg

橋本富視さんの個展がもうすぐ始まります!
”下立売通り仲間”の作家さんです。
1年に1回の個展ですので、毎年楽しみに待っています〜
同時代ギャラリーで27日〜
Agogik (アゴーギク)
コンセプト
音楽用語に由来。厳格なテンポ、リズムに微妙な変化を
つけて表情豊かに、精彩を与える。

[PR]
by aunmidori | 2007-11-23 18:22 | 個展・展覧会・ライブ | Comments(0)
あだんのぼうけん
d0116299_21415155.jpg

この絵本は友人のデビュー作”あだんのぼうけん”です。
大学時代、研究の為10年間通った沖縄を舞台にしたお話。

あだんという木の実のぼうやがじぶんの好きな場所を見つけに行く
お話なんですが、あわてんぼうのあだんがめちゃめちゃかわいんです!

いつか子供ができたとき、よみきかせたい絵本ですね。

その絵本出版記念を兼ねて、友人が京都恵文社で初個展を開きました。
題して”えほんのたまご展”

私は仕事で行けず、相方から展覧会の楽しそうな話を聞いてすごく残念がってたんですが、今日届いたお手紙冊子に個展の様子が平面のイラスト+解説付で分かり易く書いてあったので、ウキウキしながら読ませていただきました。

個展用に作った手ぬぐいも、めっちゃかわいいです。。。
d0116299_2213267.jpg



(terco)
[PR]
by aunmidori | 2007-10-20 22:15 | 個展・展覧会・ライブ | Comments(0)
京都音楽博覧会 in梅小路公園
京都音楽博覧会 in梅小路公園

くるり主催のフェスに行ってきました。略して音博。
暑くなるのかな〜と暑さの心配してたら、雨で大変なことになった。
雨男は誰だったんだろう??
小田和正と岸田繁 かれらは間違いなく雨男だと思う。
そしてこの音博、なぜかお酒を販売していない・・・
(野外でビールは必需品でしょ)
でも、最後のくるりライブはかなり良かった〜。
ずぶ濡れで、寒すぎて手足の指がしわくちゃになりながら待った
甲斐がありましたよ。
来年も開催されればまた行こう〜
d0116299_215472.jpg

[PR]
by aunmidori | 2007-09-23 21:05 | 個展・展覧会・ライブ | Comments(0)