a.un 滋賀の建築設計事務所 。住宅や店舗を設計監理してます 。
カテゴリ:(住宅)愛宕山の家( 76 )
現場日暦 11/25
内装工事が本格的に始まりました。
まずは、この現場最大の見せ場にして唯一逃げの許されない仕事。
三十度曲がった二階廊下(ブリッジ)の角材落としです。
d0116299_1840146.jpg

d0116299_1841369.jpg

d0116299_18412836.jpg

渡り顎で、110角材を落とすのですが、6mになる距離と15ミリずつ目透かしが
あるので、慎重に現場で刻んでいただいています。

おまけ 虹。
d0116299_18414330.jpg



a.un | 建築設計事務所[
[PR]
by aunmidori | 2008-11-25 18:50 | (住宅)愛宕山の家 | Comments(0)
現場日暦 11/23
現場の方は外壁の塗装が始まっています。
今回はこの塗料を塗ります。
名前は『キシラデコールやすらぎ』ですが、
臭いはきつく、とてもやすらげる代物ではありません(笑)
d0116299_181997.jpg
d0116299_18192569.jpg

白木用なのでほぼ無色(少しだけ乳白色の顔料が入ってるみたいですが)
木の素地に近い仕上がりを期待しているのですが、どうなることやら、楽しみです。

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2008-11-23 20:32 | (住宅)愛宕山の家 | Comments(0)
現場日暦 11/21
電柱が近くになかったので、中部電力さんにお願いして1本新設で
立てていただきました。
その工事の立会いです。
かなり前に事前打ち合わせを済ませていたので、位置などを確認して
工事は開始しました。
d0116299_17523554.jpg

d0116299_1753197.jpg

d0116299_17532032.jpg

d0116299_17533474.jpg

穴を掘って埋め込むだけの工事で、初めて見ましたが
とても簡単なんですね。
約二時間で完了。
a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2008-11-21 18:01 | (住宅)愛宕山の家 | Comments(0)
現場日暦 11/19
木の箱ができました。
全部木です。

この家はとても厚化粧な木の家なのですが
現場に行くと、もっとスッピンに近い木造、潔く木造を作りたいと考えます。

まだまだ日々修練なのです。

現場の方は
時間はかかりましたが、外部の羽目板の細かい手直しが終了し
やっと外部が形になりました。
年末まで全面にキシラデコールを3回塗りまして、
新年明けてから、押し縁を各目地に650本張る予定です。
押し縁の釘打ちは、とんでもなく時間がかかるだろうな・・・・
d0116299_22141962.jpg

笠木が取り付けられ、屋根もまとまりました。
d0116299_22152465.jpg

d0116299_22154361.jpg

枠を取り付けて、内部の造作に進みます。
d0116299_22164195.jpg

d0116299_22174237.jpg


テラスから伊勢湾に浮かぶ神島が見えました。
三島由紀夫の小説『潮騒』舞台、神島です。
ここから見ると、なぜか?『おにぎり』のような形をしています(笑)

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2008-11-19 23:16 | (住宅)愛宕山の家 | Comments(0)
現場日暦 11/11
屋根のパラペット納まりです。
d0116299_19113193.jpg

d0116299_19141142.jpg

ポスト口も大工さんにお願いして作製していただきました。
(ポストといっても建具と同じ要領ですね)
d0116299_19115564.jpg

取り付けるとこんな感じ。あと蝶番で蓋を取り付けて終わりです。
シンプルで目立たず、とても良いです。
d0116299_1912917.jpg


現場の帰りに綺麗な夕焼けを見ました。
空が焼ける。
黄昏。
d0116299_19124532.jpg


a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2008-11-11 19:23 | (住宅)愛宕山の家 | Comments(0)
現場日暦 11/8
外壁の羽目板を張りだして、2週間経過しました。
ほぼ全面に張り終えました。
d0116299_11453059.gif

↑↑西面は人目に触れない部分なので、色目の濃い、節の目立つ材料を集めました。
d0116299_11454798.gif

↑↑同じく西面は開口上部に、アルミの小庇を取り付けていただきました。
 (スッキリ目立たない、最小限の雨除けです)
d0116299_1146297.gif

↑↑建築正面の南面、東面は開口部を壁の中に埋め込むイメージで
凹状にしています。(アルミの小庇は取り付ける必要がありません)
d0116299_11461436.gif

↑↑郵便ポスト口も木で製作するので、取り付け位置を現場で確認しました。
d0116299_11462341.gif

大工さん二人での作業となりますので、とても時間はかかりますが
丁寧な仕事をしていただいています。感謝感謝。。

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2008-11-08 12:01 | (住宅)愛宕山の家 | Comments(0)
現場日暦 11/1 木製建具
『木製建具を作りたい』

個人的にはそう考えています。
木の風合いが好きなこと、開口部を自由にデザインできること
コストの問題もあるので、最終的には既製品のアルミサッシを
使用することが多くなりますが、
今回外部に面する数箇所で木製建具を使用することになりました。

建具の前に、建具枠を考えます。
どんな小さい窓でも、雨仕舞、枠の見付け、チリ、
考え出すと、とても時間がかかります。

枠が躯体に納まると建築が『きゅ』と締まるような気がするんです。

手始めに、トイレの小窓枠を大工さんに加工していただきました。
こんな感じです。↓↓
d0116299_16395816.gif

d0116299_16411071.jpg

d0116299_16412722.jpg

d0116299_1641361.jpg

d0116299_16414884.jpg


そして外壁も順調に進んでいます。
d0116299_1644995.jpg


a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2008-11-01 16:33 | (住宅)愛宕山の家 | Comments(0)
現場日暦 10/23 外壁の板
外壁に使用する杉板です。
100ミリ幅が650枚
押し縁用の45ミリ幅が650枚
合計1300枚
これを一枚一枚確認して使用する面を決めました。
節の大きな材、色見の悪い材、曲がりのひどい材、多少の割れのある材
それら、多少クセのある材料は雨風の当たらない面へ使用することになります。
(もちろん割れている部分などは切り落として、使用しません)
d0116299_20265685.jpg
d0116299_2027571.jpg
d0116299_20272043.jpg

ほぼ検査終了しましたが、さすがに疲れました。
でも、大量の木が張られた外壁がとても楽しみです。
(大工さんはめちゃめちゃ大変ですけど・・・)
a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2008-10-23 20:46 | (住宅)愛宕山の家 | Comments(0)
現場日暦 10/21 細かい部分は続く
細かい部分は続いています。
d0116299_2071884.jpg

屋根の立ち上がりパラペットはサイディングを貼っていただいてます↑
d0116299_2074547.jpg

テラスはFRP防水で一部天窓になります↑
d0116299_208571.jpg

しっかり板金でおさえます↑
d0116299_2081514.jpg

床下に虫等が入らないよう、ステンレス網を全面に貼っていただきました↑
d0116299_208535.jpg

モルタル塗りたてです↑
d0116299_209684.jpg

色んなコテの種類があります(これはごく一部)↑
d0116299_2092288.jpg

床下の断熱材はスタイロフォームの60ミリです↑
d0116299_2093275.jpg

まだまだ続きます!!
a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2008-10-21 20:21 | (住宅)愛宕山の家 | Comments(0)
現場日暦 10/8 細かな部分
外回りの大切な部分を進めていただいております。
d0116299_15264249.jpg

d0116299_15265742.jpg

通気横胴縁↑
d0116299_1527967.jpg

d0116299_15272283.jpg

d0116299_15273694.jpg

捨て水切り↑これはとても重要です。
d0116299_1527481.jpg

胴縁もほぼ取り付けが完了しました。
内部の木枠詳細を書いていますが、これが終わるとほぼ全てが決まるのですが、
枠詳細は毎度毎度とても悩みます。
チリやら見付やら自由なだけにとても悩みます。
a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2008-10-08 15:25 | (住宅)愛宕山の家 | Comments(0)