a.un 滋賀の建築設計事務所 。住宅や店舗を設計監理してます 。
カテゴリ:(住宅)愛宕山の家( 76 )
内装の仕上げ
(愛宕山の家)の内装材をどうしようか?と考える。
一般的な住宅ではプラスターボードの上にペンキを塗ったり、クロスを貼ったり
するのだけど、その2つの仕上げ方法だけは採用したくないと常々考えている。
(理由は特にない。好きか嫌いかで、キライだから)

それ以外にどうしようかと考える‥
1)シナベニヤ
2)ラワン合板
3)左官仕上げ
等が考えられる。
特にラワン合板は菰野の家で採用したこともあり、大好きな材料の一つである。
でも、ラワン合板仕上げが安いコストで出来るのかといえばそういう訳ではない。
まず、使用予定の倍のロットを購入してもらい汚い材料は省いていく、その後
全ての合板にペーパーを当て、そして塗装仕上げをする。
尚かつ目地を2.5mmと指定しているので大工さんも慎重に貼らざる得ない。
人工(人の手)をかけてこそ成り立つ材料だと僕は考えている。
その結果⇩こんな感じ満足の仕上がりになります。
d0116299_2139714.jpg

(c :yuya saito)

で、愛宕山の家はどうしようか?
相方がよく使う桐パネルはどうだろうか?
桐といえば桐タンスに代表されるように、湿度調整に優れ、防虫効果も高い材料
としてご存知の方も多いと思います。
これを家中に貼れば桐タンスの中で生活するようなもの(笑)
適度な木目があるし、色見も悪くない。
d0116299_2149855.jpg

これは⇧埼玉の現場写真。
ラワン合板よりも柔らかい質感なので、貼り方をうまく工夫すれば
桐に包まれた家になるのではないだろうか?
(愛宕山の家)壁、天井の仕上げは桐パネルで決まりです!
a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2008-02-18 20:59 | (住宅)愛宕山の家 | Comments(0)
アプローチ階段
d0116299_20405564.jpg

アプローチの階段を検討中。
前面道路と計画地盤が2m程度の高低差があります。
三重県という土地柄、駐車場も最大限に確保する必要があり
階段は隅へ隅へ押しやられ‥
玄関前への最短距離で直階段以外に選択肢がありません。
せめて両脇に植栽だけでも植えて
緑に囲まれたアプローチ階段にしたいと思います。
a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2008-02-14 20:40 | (住宅)愛宕山の家 | Comments(0)
地盤調査しました。
『愛宕山の家』地盤調査を実施しました。
スウェーデン式サウンディング試験という一番簡単でコストのかからない試験です。
(お願いした会社は他社より1〜2万円程度安い気がします、52,500円)
配置図を参照しながら、5カ所選定し試験開始です。
d0116299_0145285.jpg

d0116299_015556.jpg

d0116299_015189.jpg

計画中の『愛宕山の家』は在来木造だから建物本体の自重は鉄骨造、RC造に比べると
軽いのですが、調査を実施した上で基礎の設計を計画する事はとても重要です。

この試験の結果が芳しくないと、表層改良などの地盤改良が必要となり
コスト増の大きな原因になるので、良好な結果を待ちたいと思います。
a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2008-01-25 00:12 | (住宅)愛宕山の家 | Comments(0)
名称変更
17、18、19日 3日連続三重で打合せを行いました。
◎おぼろげながらも新しく住宅の建築を考えている人。
◎設計中で現在進行形の人。
◎お店の内装を変えようと考えている人。
◎僕たちが設計した家に住んでいる人。
皆状況の違う人なので、その都度おもしろい話が聞けたと思います。

鈴鹿の家は気に入っていただけました。(ありがとうございます)
2階にトイレを増やし、あとは細かい部分を変更。
大きく問題はないと思います。
この鈴鹿の家を名称『愛宕山の家』と決定しました。
理由
1)愛宕神社という小さい神社の裏にある敷地でその小山は愛宕山だから。
(そこを散歩したら想像を超えた良い林で素敵な木漏れ日がこぼれていた)
2)これが重要
 朝ドラ史上最高に面白い『ちりとてちん』にハマっていて
 落語の演題”愛宕山”がよく登場するから。(笑)
理由は以上なのですが『愛宕山の家』どうぞ宜しくおねがいします。
(僕と相方以外どうでも良い話やな‥自己満足)
a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2007-12-25 23:05 | (住宅)愛宕山の家 | Comments(0)
鈴鹿の家 少しだけ
”鈴鹿の家” 計画が始まり数ヶ月が経ちました。
ようやく‥(遅っ)
考えていたイメージとプランが一致してきた気がします。
施主さんにも気に入っていただけるはず!
少しだけ模型写真。
d0116299_1394031.jpg

d0116299_1395562.jpg

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2007-12-17 00:18 | (住宅)愛宕山の家 | Comments(0)
鈴鹿の住宅
鈴鹿の住宅。
敷地を調査してきました。
d0116299_3291172.jpg

d0116299_32828.jpg

あらためてじっくり土地を観察してみると、色んなことに気付きました。
良い風、良い光、良い緑、良い眺め。
本当に素晴らしい敷地だと思います。
こういう敷地に設計できることは設計者にとって、とても幸せなことです。
また、家作りの過程を順次報告していきます!!
お楽しみに!
a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2007-09-08 21:28 | (住宅)愛宕山の家 | Comments(0)