「ほっ」と。キャンペーン

a.un 滋賀の建築設計事務所 。住宅や店舗を設計監理してます 。
カテゴリ:サッカー( 18 )
本田圭祐とマラドーナとキングカズ
サッカーW杯までいよいよ2ヶ月強となりました。

僕の中では沸々とテンションが上がってきていますが、
どうやら世間では盛り上がりがイマイチのようですね。

思い起こせば4年前、
最強のメンバーと考えられていた
日本代表は無惨にも予選リーグで敗退してしまいました。

4年前に一人だけ、死にもの狂いでグランドを走り回っていた
中田というカリスマはもういないわけで。。

CSKAモスクワ(ロシア)で活躍する
(両腕に時計をする・・笑)
一躍時の人となった、本田圭祐君に期待するしかないのでしょうか?


両腕に時計と言えば、マラドーナも時計を両腕にしていました。

先日 映画『マラドーナ』を観て来たのですが、
その映像の中で両腕に時計をするマラドーナを見つけました。
やはりこの男、すべてにおいて規格外です。
d0116299_0141887.jpg

d0116299_0142762.jpg

天才。

周りに群がる人々や、誘惑、プレッシャーから逃げたい瞬間があったんでしょうね。

『コカインをやらなければ、まだ現役プレイヤーでいれた』と

マラドーナはインタビューで答えていました。
本当にそうかも・・そう思えるのがマラドーナです。
(僕は今回のW杯でアルゼンチンを優勝候補と考えています、大穴狙い。)


現役と言えば、日本のキングカズ。
プロフェッショナルに出演していましたね。

発言する言葉の説得力。
ストイックな体調管理。

あ〜ベテラン枠で、岡田監督がカズをW杯メンバーに選んだら面白い!
僕が監督やったら、若い選手には申し訳ないけど、実力関係なく選びますわ。

選んだらホンマに面白いのにな・・盛り上がるよ絶対。

(森)

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2010-04-01 00:03 | サッカー | Comments(0)
ストイコビッチ=天才やね
音声注意
久々サッカーで興奮
試合ではないけど

これは凄い。

CG見てるみたい。

さすがストイコビッチ。

(森)

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2009-10-22 22:03 | サッカー | Comments(0)
EURO 2008 勝手に優勝予想
久しぶりにサッカーネタ
EURO2008がもうすぐ開幕する。
ワールドカップを凌駕するレベルの高さと、好カードの連続で盛り上がる
ことは必至なんだけど、勝手に優勝予想をしてみよう。
しかも大穴狙いでいきます。
イタリア、ドイツ、フランス、オランダ、スペイン、ポルトガルの
強豪国はあえて避けます。(予想としておもろないもんね)

予想
ズラタン・イブラヒモビッチ率いるスウェーデン。(これは大穴)
ズラタンが大大ブレイクでスーパースターの仲間入り。
(ラーションも復活するみたいやし)

ポルトガルのC.ロナウドの大会になると思っている人は多いでしょうが
今シーズンの超人的な活躍の疲れがでると思うので、厳しいかなと。
(もしチャンピオンズリーグ取って、EUROでも活躍したら凄すぎる)

さー楽しみだ。

で、話題は変わりJリーグについて少々。
浦和とガンバのサポータ騒動について書かずにはいられない。

僕が唯一観戦したヨローッパの試合は、ローマオリンピコスタジアムでの
ラツィオ対アトランタ。
この1試合だけなのでJリーグとの比較なんてできないけど、
僕が観た席はラツィオサポータの年間予約席らしきブースで、
試合直前に皆一斉にやってくる。
そして、サッカーを知り尽くしているファンなので渋いサイドチェンジパスとか
気の利いたプレーに拍手がおきる。
成熟したサッカー文化をその時垣間みた記憶が今でもはっきり残っている。
そして試合が終わった瞬間にさっと帰る。
彼らにとってサッカーは完全に日常の一部になってるんだと思う。

日本のように組織化された応援ではないけど、ファン一人一人が
自分たちのチーム監督のようにどっしり構えてる気がした。
日本はプロサッカー文化を育てている真っ最中なので、フーリガンや一部の
熱狂的な本場サポータの真似をするのは良くない。
Jリーグの良さは、子供達も気軽に観戦できるプロサッカー。
絶対これが良いと僕は信じている。
ブーイングを奏でることが、成熟した厳しいファンではない。
怒り狂うことがチームを愛するということではない。

日本独自の、ファミリーでスタジアム観戦という素晴らしいサッカー
文化を大切に育てて欲しいと強く思う。
(森)
[PR]
by aunmidori | 2008-05-19 23:09 | サッカー | Comments(0)
Jリーグ優勝予想
仕事の合間、気分転換にJリーグの順位予想してみました。

優勝  ガンバ大阪(播戸頑張れ)
2位  川崎フロンターレ(フッキが見物、我那覇復活願う)
3位  浦和レッズ(ポンテがいないので不安残る)
4位  ヴィッセル神戸(意外に大穴)
5位  清水エスパルス(大穴)
6位  鹿島アントラーズ(安定感抜群)
7位  横浜Fマリノス(良い選手が多い、監督次第)
8位  名古屋グランパスエイト(ストイコビッチ効果はあるのか?)
9位  ジュビロ磐田(何となく地味なチームになった気がする)
10位  京都サンガ(地元だけに、期待)
11位  柏レイソル(正直知らない1)
12位  大宮アルディージャ(正直知らない2)
13位  FC東京(平山15点)
14位 アルビィレックス新潟(アトム期待してます)
15位 ジェフ千葉(選手引き抜かれ過ぎ)
16位 コンサドーレ札幌(監督が良いので、もっと上までくるかも)
17位 大分トリニータ(梅崎抜けて、家長まで怪我)
18位 東京ベルディ(フッキがいないから)

(素人予想なので、下位チームファンの皆様お気になさらぬように‥)
ガンバは良いメンツが揃っています。
これで優勝できなければいつ優勝できるのか。
期待しています!!
(森)
[PR]
by aunmidori | 2008-03-08 12:01 | サッカー | Comments(0)
ストイコビッチ復活!
ストイコビッチ!復活

ストイコビッチ 大好きな選手の一人でした。
名古屋グランパスに来ると聞いた時は
『なんであんなに良い選手がJリーグに来るの?』
と本気で思いました。
90年ワールドカップ 準々決勝のアルゼンチン戦。
あの試合のストイコビッチは18年経過した現在でも記憶に残る素晴らしいプレー
振りで、『キレキレ』と言う表現がピッタリな活躍でした。
あの試合に限ればマラドーナよりもストイコビッチ。
完全に試合をコントロールしてたし、数多くのチャンスを作りだしていた。
でも他の選手がたくさん外してたような(記憶がちょっと曖昧)
左サイドでのゴール近くでの『キュ』というドリブルの切り返し。
思い出すだけでしびれる。
最後はPKを彼自身がバーに当ててしまい負けたのだけど‥
(あの試合見たいな。誰かビデオ持ってないかな)
もしあの試合ユーゴが勝利してたら、人生が変わりストイコビッチも、
オシム(当時監督)も日本に来る事はなかったかもしれません。

でもユーゴは負けて、ストイコビッチはその後何年間か怪我の影響もあり
活躍できず。極東の日本へ。名古屋グランパスへ。
グランパス時代の活躍は皆さんもご存知かと思いますが、一人次元の違う
テクニックでサポーターを沸かせていました。
ベンゲルと共にアーセナルに移籍しても何ら不思議でない活躍ぶりだったので
日本のサッカーファンは彼を長い期間、間近で観戦できたので本当に
ラッキーだったと思います。

そんな彼が古巣グランパスに監督として帰ってきます。
『名選手、名監督にあらず』
そんな言葉はストイコビッチの辞書にはないと信じてビッククラブに
育て上げて欲しいものです。
Jリーグも本当に楽しみです。
(森)
[PR]
by aunmidori | 2008-01-22 18:58 | サッカー | Comments(0)
お疲れさま 秋田選手
J1昇格の大一番。

京都仙台を観戦してきました。
過去にJリーグ優勝決定試合を観戦したことは2度あるのですが
昇格のかかった土壇場での戦いは初観戦なのでどれほど盛り上がるのか
めちゃ楽しみに待っていました。
西京極は1万7000人超える超満員で熱気ムンムンです。
いつも8000人位ですので、スポンサー企業やら地元新聞やら
総動員で満員にしたのではないでしょうか?

満員のなかほぼ互角の戦いで試合は進みます。
選手達の集中力は後半になっても落ちません。
自然と試合に引込まれる熱い戦いで、しかも試合終了直前に京都が
決勝点を決めて感動の試合は終わりました。

なんか感動しましたね〜
試合も良かったのですが、仙台のサポータのレベルの高さに感動しました。
声が腹の底からでててカッコいいんです。
終了間際に点を取られて仙台は昇格がなくなったわけですが
必死に声をかけてる仙台サポーターが切なく悲しく、でも良いんです。
僕たちの横に座ってた仙台サポーターは泣いているし。
たまに試合を観に行っては言いたいこと言ってる僕とは違い
彼らは1年間共に戦ってたんでしょう。。
だから泣けるんだと思います。かっこいいです。

そして試合終了後には秋田豊選手の引退セレモニー
秋田と言えばW98予選、本大会での活躍。
鹿島時代、ゴン中山とのマッチアップ。
そしてW2002年のベテランらしい、チームまとめ役。
いかつい闘争本能むきだしの顔。
本当にすばらしい個性ある選手でした。
d0116299_11595349.jpg

彼の挨拶で
『無名の自分を拾ってくれた鹿島にはジーコというプロフェッショナルが
いた、ジーコに出会い人生が変わった。
自分には特別な武器はないので、人よりも努力すること、戦うことで
ここまでやれた』
ジーコとの出会いは本当に彼にとって幸運なことだったと思います。
誰よりも努力できたと言い切れるサッカー人生。
多くのファンに見送られての引退セレモニー。
人知れず引退する選手が多いなか、あれだけの観客が最後まで残り
声をかけてる姿をみると彼の偉大さがよくわかりました。
本当にお疲れさまでした。
第二のサッカー人生(指導者)も熱く、戦う監督になって欲しいし
そういう選手を育成してほしい。ガッバって!
(森)
[PR]
by aunmidori | 2007-11-25 22:23 | サッカー | Comments(0)
サッカー五輪決定! 一安心。。
サッカー五輪代表が、なんとかギリギリ出場を決めたので一安心。

最終予選振り返ると、苦戦の原因は正キーパー西川君が怪我で出れなかった
ことが大きかったのではと、僕は考えています。
(出場後ラスト2試合内容が良かったので)
 
『後ろの声は神の声』とよく言ったもんです。
チームに与える落ち着き、安心感、的確な指示による守備の統制。
そして攻撃に繋がる精度の高いキック。
良い選手ですね。今後ますます伸びて欲しいもんです。

そして、柏木、青山(広島コンビ)も粘り強い守備と、豊富な運動量で
良かったですね。柏木選手の前線への飛び出しと献身的な守備は
特に良かった。あと試合を決めるゴール、アシストでもあれば
完全に中心選手として君臨できると思う。(もう一息やね)

で、問題の攻撃陣。
これは難しい。
軸がいない。
今後、だれが抜け出すのか予測もつきませんが相変わらず
平山選手に期待をしております。
平山よ目覚めておくれ!
だれか平山を眠りから起こしておくれ!

本大会で、予選突破できるよう若い選手が”グン”と伸びますように(祈)
(森)
[PR]
by aunmidori | 2007-11-21 23:27 | サッカー | Comments(0)
京都サンガ 対 愛媛FC
例の格安観戦チケットを利用して京都サンガの試合を観に来ました。
1ヶ月程前に東京ベルディ1969戦も来ましたが、それ以降京都サンガは
監督交代をしてテコ入れをおこなったようです。
今日京都の先発メンバーをみて
『懐かしいな‥』って感じちゃいました。
DFに【元鹿島】 鉄人 秋田、【元清水】 森岡  【元名古屋】 中谷 
4年位前だったら豪華メンバーなんだけど。
そして極めつけ監督は 【加藤久】 初代アジアの壁ですよ!! ちなみに二代目井原ね。
試合内容は気温と同じく、前半は寒い内容でした。
愛媛のサイド攻撃で何度も決定的チャンスを作られてました。
後半はFW 田原のスーパーゴールで逆転したものの、中谷選手の左サイドから
愛媛に何度も攻め込まれていた気がします。(田原も懐かしいな)
d0116299_08110.jpg

勝つには勝ちましたが、僕的にはJ1昇格に向けて不安な試合となりました。
それは、監督が加藤久ということと、衰えの隠せぬ鉄人秋田、守備の弱すぎる
中谷選手。この3点が特に気になりますね。
監督は初代アジアの壁で大丈夫か?
鉄人秋田は大丈夫か?
狙われまくってた中谷選手は大丈夫か?
心配な京都サンガFCです。
(心配だから残り試合も応援しに行こう。。 
倉貫選手は後半良かった ああいう選手好きですね、効いてました。)
(森)
[PR]
by aunmidori | 2007-10-24 23:18 | サッカー | Comments(0)
初めてのJ2◎
はじめてJ2の試合を観戦してきました。
西京極競技場 京都サンガF.C 対 徳島ヴォルティス
d0116299_20861.jpg

1ヶ月程前に
『京都が昇格争いをしているので、格安チケットを買いませんか?』
と、どこかの代理店が販売に来たんです。
怪しいのかな?と思いつつもあまりの安さに買ってしまいました。
試合内容は京都にとっては寒い内容で、徳島は頑張って大健闘ですが、
京都は10本位チャンスを逃してたので、それだけ外せばやっぱり勝てません。

格安チケットは残り5枚で、次は東京ベルディ1969戦です。
都合良ければ観戦予定ですが、東京ベルディにはフッキという化物みたいな
ストライカーがいますので是非とも観戦したいですね!!
(森)
[PR]
by aunmidori | 2007-09-02 22:59 | サッカー | Comments(0)
オリンピック予選 日本対ベトナム
本日は各世代の代表戦が3試合重なりサッカーファンにとっては
忙しい一日となりました。
その中でも一番心配していたオリンピック代表のベトナム戦。
結果としては1対0の勝ちだったのですが、微妙でしたね。
何が微妙なのかというと選手選考とスタメン。
梅崎選手が呼ばれてないことがまず信じられない!
家長選手もスタメンを外れる!
この2人、仕掛ける能力は高く、仕掛ける回数も多いので
ベトナム相手だと、この二人と水野選手含む三人でポジション
チェンジしながら余裕で崩せるはずなんですが・・・
で、ボランチに柏木選手を入れてサイドに散らせば面白い攻撃を
繰り返せたと思うのは僕だけかな??
厳しい予選だから、ベトナムには5対0位で勝って得失点差を広げる
必要があったのですが、1対0では本当に今後苦しくなると思う。
アジア予選で負けることは許されないので、本当に選手達には気合いで
頑張って欲しい!!頑張ってくれよ平山!!(祈願)
(森)
[PR]
by aunmidori | 2007-08-22 23:58 | サッカー | Comments(0)