a.un 滋賀の建築設計事務所 。住宅や店舗を設計監理してます 。
カテゴリ:日本( 18 )
厄祓い と 節分
今日は節分ですね。

今年は本厄年女の為、人生初の厄祓いに日吉大社さんへ行って来ました。
日吉大社さんは比叡山の麓、滋賀県坂本にあるとても立派なお社さんで、
千年の都、京都の表鬼門(北東)にあたることから、
都の魔除・災難除を祈る社として『厄除・方除の大社』と言われているそうです。

とても寒い日だったのですが、お社に入るとその冷たさが神聖なものに感じ、
澄み切った空気の中、ご祈祷をしていただきました。

通常ご祈祷を受ける際、神様にお祈りをする時に榊の枝で出来た

玉串(たまぐし)を上げるそうなのですが、

2月は季節限定で、日吉大社 東本宮の御神木の梛(なぎ)の葉から作られた
「梛玉串」
(なぎたまぐし)を授与してしていただき、
同じく梛でできた「梛大麻」(なぎおおぬさ)にて厄をお祓いしていただきました。

梛は、「厄をなぎ払う」また「和む」といった意味も含まれているそうで、
今年は厄祓いに行かねばと思いつつ、節分前ぎりぎりになってしまったのですが、
色々お話を聞いて、2月に来てよかったなと、ありがたい気持ちが強くなりました。

今日は、ご祈祷の撤下(おさがり)の中に入っていた福まめをいただき、
一年の無事を祈りたいと思います。
d0116299_11425930.jpg


(terco)

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2012-02-03 11:43 | 日本 | Comments(2)
青楓茶会 2011
5月22日に、青楓茶会が行われました。
今年のテーマは「道」です。

d0116299_0492596.jpg

アプローチ
d0116299_0495480.jpg

佇む。。。
d0116299_050385.jpg

雨上がりのお庭
d0116299_0501421.jpg

紅花とむしかり(華ちゃん作)
d0116299_0502390.jpg

香合「轍」(珠くん作)
d0116299_050296.jpg

あき先生の作品
d0116299_0503950.jpg

主菓子「光」(まりちゃん作)
d0116299_0504521.jpg

干菓子「皐月の径」(まりちゃん作)

昨年同様、今年もあいにくの雨でしたが、
お茶会が終わり、食事をして帰る頃には雨も上がっていました。
雨上がりの澄み切った空気を感じながら、久しぶりに茶の心にふれた一日でした。

(terco)
[PR]
by aunmidori | 2011-05-31 00:41 | 日本 | Comments(2)
青楓茶会 2010
昨日は毎年恒例のお茶会がありました。

桜の茶会から青楓茶会に姿を変えてから、
お茶会の後に美味しいフレンチレストラン”聖宙庵 ”での
お食事をいただくスタイルになり、とても贅沢な一日を過ごしました。

季節も4月から5月になり、
特に昨日は五月雨の一日で、お庭の樹々も緑深く、それは綺麗でした。。。

今年のお茶会のテーマは ” 旅 ”
お点前は旅にちなんで、「短冊(たんざく)」と言うお点前で、
お道具一式が持ち運びが出来る様に桐の箱に入っているんですよ。
なかなか見れない、珍しいお点前だと思います。

お道具も、普段お稽古では使わないものばかりだったので、
うっとりしながら、みんな準備をしていました。
そして今年のお菓子とお干菓子もまりちゃん作です。
こちらも、姿もお味も、うっとり。。。でした。

そんな、素敵なお茶会の様子は聖宙庵のブログで御覧下さい。→

d0116299_1639474.jpg


(terco)

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2010-05-24 16:48 | 日本 | Comments(0)
桃の節句
今日のお茶のお稽古は3月3日、ひな祭りの日でした。
出された御菓子に思わずびっくり!
d0116299_22532382.jpg

この御菓子、京都ではひな祭りに欠かせない御菓子で、
柄を短くひきちぎってある形から「引千切(ひちぎり)」という
名が付けられたそうです。
宮中で人手が足りない時に餅を丸める手間を惜しんで、
引きちぎったのが始まりなんだって。

写真は2種類ですが、もう1種類、白地にこしあんの組み合わせもあり、
白・緑・紅の三色はそれぞれ、
雪が解け草が萌えだし桃の花が咲くことを意味しているそうですよ。


(terco)


a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2010-03-03 22:58 | 日本 | Comments(2)
たかが塀、されど塀
先月出席させていただいた、友達の結婚式披露宴でのお話。

僕たち夫婦は新婦が勤めている京都の和菓子屋さんの社長とテーブル
をご一緒させていただきました。
とても気さくな方で、色んな楽しい話を聞かせていただいたのですが、
その中でも心に”グッ”とくる良いお話がありました。

それは新郎の勤めている会社(相方が以前お世話になっていた会社です)
の親方が僕たちのテーブルにビールをつぎに来てくださりました。
その瞬間、数寄屋の親方と、和菓子の親方のトップ対談が立ち話ではじまり
京都の良さ、歴史、物作りについて深い話が次々と語られていました。

和菓子屋さんは昨年、お店の木塀を新しく新築されました。

『たかが塀ではないんだよ、本物の塀を作らなければ
 あの店はダメだと言われるんだよ』

『塀はお店に来られるお客さんが一番最初の目にする店の顔なんだよ
 だから、しっかりした数寄屋大工に作ってまらわなあかん』

と、おっしゃっていました。

コストのことだけ考えていたら、もっと陳腐な塀でも良かったかも
しれませんが、そんなことしていたら、この和菓子屋さんの伝統や
歴史は止まってしまう。

和菓子屋の社長として伝統や歴史を守り、先に繋げていく覚悟を聞けた
とても良い瞬間でした。

ということで、お店と塀を見てきました。
(勿論、和菓子とお抹茶もいただいてきました)
d0116299_11364473.jpg

そこに何十年もあるかのような佇まいです。
d0116299_1138513.jpg

d0116299_11381467.jpg

最後は・・ごちそうさまです。

(森)

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2009-11-06 20:56 | 日本 | Comments(0)
お茶会の模様をちょっとだけ。
先日の聖宙庵での青楓茶会の模様です。
シェフがブログにアップされていて、とてもステキな写真だったので。
もちろん、今回のお菓子もまりちゃんの手作りです。
菓子は”風の音”
干菓子”花ことば”

美味しかったです。。。


(terco)


a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2009-05-31 22:40 | 日本 | Comments(0)
青楓茶会
昨日、茶道教室の毎年恒例のお茶会がありました。
今年は春の”桜の茶会”改め
新緑の薫る”青楓茶会”と姿を変え、
それにちなんで、爽やかな、お道具やお菓子が用意されていました。

今回は水屋のお手伝いをさせていただきましたが、
とても楽しい時間を過ごす事ができました。

その模様は、また後日。。。
d0116299_1173167.jpg

↑それから、このかわいい案内状は
お稽古仲間のナウーシニクのさおりちゃんデザインです。
(さおりちゃん、ありがとう)



(terco)
a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2009-05-11 20:39 | 日本 | Comments(0)
すべてのものには正面がある
昨日は12月最初のお茶のお稽古でした。
そして恒例の、奥さんの特製ぜんざいの日でもありました。
色々と奥さんに作法を教えてもらってるとき、
”お盆にもちゃんと正面があるんやで”という話になりました。
お盆に継ぎ目がある場合、《まるまえ かくむこう》という言葉があるように、
丸いお盆は継ぎ目が手前、四角いお盆は継ぎ目は向こう側というお話でした。
みんな一斉に感心しながら、
改めてお茶のお稽古はいろんな事を学べる場だなと思いました。
お茶を出すときもお茶碗の正面がお客様の方になるように意識します。
柄がある場合はわかりやすいですが、そうでないときは、自分の感覚次第ですよね。

《ものの正面を見極める》

これは建築の仕事でもいつも意識している事なんです。
特に木を使う時はどの面を正面にするかでイメージが変わってきます。
それに木や竹の場合は《もと すえ》上下が逆さにならないようにも意識します。
その場合は見ただけでは分からない場合もあるので、その時は手で確認します。
木の表面をさ〜とさわっていくと引っかかりがあって、その木肌のひっかかり具合で
確かめますし、竹の場合は節をさわって確かめます。
お盆の話の続きで、継ぎ目のない木のお盆の場合は木目を横に向けた状態で、
木目の細かいほうが前、粗いほうが向こう側だそうです。

少しの意識と無意識さ。
お茶の世界で学んでます。
d0116299_21164846.jpg



(terco)

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2008-12-04 21:18 | 日本 | Comments(0)
抹茶と和菓子
今日のおやつは特別に以前から気になっていた御菓子司”聚洸”さんで
秋らしく銀杏餅を買って、お抹茶といただくことにします。
d0116299_14443035.jpg


(terco)

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2008-12-01 14:47 | 日本 | Comments(2)
七夕
みなさん今日は七夕ですね。
私は少し早くお茶のお稽古で七夕な夜を過ごしました。

まずは和菓子。
鶴屋吉信の”七夕”です。
天の川を隔てて向かい合う星を表現した七夕限定菓子。
とても涼しげで優しいお菓子です。
d0116299_21364118.jpg

そしてお茶には欠かせない道具の一つお茶杓。
それに季節をイメージさせる言葉”お茶杓に銘”を付けて、季節を感じ楽しむのです。

”天の川”でございます。

その言葉に、浮かんできませんか、織り姫と彦星の姿が。
d0116299_21364979.jpg



(terco)
a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2008-07-07 20:07 | 日本 | Comments(2)