a.un 滋賀の建築設計事務所 。住宅や店舗を設計監理してます 。
<   2007年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧
喘息でも金メダル!
ほぼ日見てたら、こんな喘息記事を発見。
スケート選手、金メダリストの清水宏保選手と糸井さんの喘息対談。

僕も22歳位までは喘息持ちだったので、喘息の苦しさはよ〜く理解できます。
だから、清水選手が喘息持ちで世界の頂点に立ったことがどれほどすごいか
わかります。
断言できます。清水選手は『本当に凄い!!』
(僕が断言しなくても、もちろん凄い人やけど‥)

喘息の経験ない人には分かりませんが、布団が変わる、
寝る部屋が変わるだけで喘息の発作はでます。
部屋が汚いとか、ハウスダストが原因と言われていますが、そうじゃない時も
あると思います。その部屋の空気が自分の気管支に合うかどうか、これが重要。
僕は、田舎のお爺ちゃんの家でもダメだったし、修学旅行の旅館もダメ、
サッカーの遠征で泊まる旅館もダメで外泊すれば必ず発作がでました。
修学旅行の枕投げ‥これは喘息持ちには地獄です。。
発作が出たら、睡眠は取れないし、体力はどんどん奪われていきます。
だから、スポーツ選手で喘息をもってることは、他の健康な選手に比べて
かなりのハンデだと思います。
そんなハンデのなか清水選手は金メダルを獲得しています。
喘息持ちが、金メダル。奇跡に近いんじゃないですかね?
他にそんな選手いるのかな??

僕たちの時代とは違い、治療方法は進歩しているそうです。
小児喘息で苦しんでいるけど、スポーツ頑張っている子供達にとっては
ものすごーく希望と夢のある話です。

ちなみに僕は自分でも知らない間に治っていました。
色んな治療したのですが、
子供の頃、お風呂上がりに冷水を身体にかぶっていました。
(心、自立神経を鍛えるそうです、効果あったのだろうか?)
アレルギーを無くす注射を何年も打っていました。
(病院の常連ですね、週2回位打ってました。)
副作用が心配だからと、苦い漢方薬を飲んでました。
(苦すぎて、最後まで毎回オブラートに包んでたな)
発作が起きそうになると、押し入れに布団引いて寝たことがありました。
(これは押し入れの空気が冷たくて良さげな気がしただけ)
20歳までは気管支拡張剤を毎日吸入してました。
(カプセルの粉をスプリンクラーで吸引)
20歳以降、ほとんどの薬治療を一方的に僕がやめました。
嫌で嫌でしかたなかったんですね。。
22歳までは季節の変わり目(丁度10月11月と春先)に発作も出てました。
でも何故か??23歳で何をした訳でもなく治りました。
それ以降、喘息とはオサラバできています。
(20歳までの色んな治療が意味あったのかな??)
あの苦しさは二度と味わいたくないし、嫌で嫌でしかたない
だから再発しないように気をつけています。
20歳までずっ〜と病院に通ってたから、親には迷惑かけたと思います。
でも本当に治って良かった〜
(森)
[PR]
by aunmidori | 2007-10-31 22:54 | 日常 | Comments(0)
『それでもボクはやってない』
先日DVD観ました。
『それでもボクはやってない』
加瀬亮さん主演(良い役者さんですね、好きなんです)
d0116299_2333227.jpg

以下yahoo映画情報より
フリーターの金子徹平(加瀬亮)は、通勤ラッシュの電車で女子中学生から「痴漢したでしょ」と訴えられてしまう。まったく身に覚えのない金子は、話せば分かってもらえると思い、大人しく駅の事務室に行った。しかし、「ボクはやってない!」という訴えもむなしく、そのまま警察に連行されてしまう。その日から、留置所暮らしを余儀なくされた金子の無実を訴える戦いが始まった。

メチャメチャ怖い映画でした。
この映画観た後で、混雑した電車のりたくないですね‥‥いやや。。
この映画観た後だったら、やってなくても自白してしまいそう。。
それ位、リアリティがある怖い内容ですね‥コワ〜(でも必見ですね)
(森)
[PR]
by aunmidori | 2007-10-30 23:17 | 映画 | Comments(0)
ワタナベ 撮影です
今日はワタナベの竣工写真を撮影しました。
前日から加須に泊まり込み、準備は万全のつもりが‥
当日、午前中は電気の追加工事などが重なり、
午後からのバタバタした撮影になりました。
d0116299_132317.jpg

このお店は桐で作られた、緩やかな曲線を持つ家具が特徴なんです。
この家具が、喫茶店のようなカウンターにも使え、曲線の凸凹に人が溜まるように
考えて設計されています。
この家具を作ることで
店内で人が動く時、テーブルを中心として流動的に動いてくれればお店の中での
デッドゾーンが無くなり、店内の一体感を作れると思いました。
そして、オープン当日お客さんの動きはこちらの予想を超えて、『あっち行き』
『こっち行き』『ウロウロウロウロ』と流動的だったわけです。(大成功!!)
d0116299_1443621.jpg

上から見るとこんな感じ。曲線はワタナベのWを基本に考えてます。
よーく見ると、テーブルがWに見えませんか??
⇩⇩そして社長自慢の水だしコーヒーはこんな感じ⇩⇩
d0116299_148111.jpg

豆にもこだわっているので、水だしコーヒ−めちゃ美味しいです。

お客さんの年齢層が高いので、今までの白い壁や、あっさりしたイメージ
とは違い、色むらのある中国からの輸入敷瓦、色むらのある古レンガ
(名古屋の水道局の水槽で使用されてたらしい!本当でしょうか??)
入り口にある、大きなヒノキの珍木(変木)など竣工写真ではどうなって
いるのか??  あ〜楽しみです。。。
(a.un)

PS:::撮影してくれた齋藤君、色々お手伝い頂いたヨリちゃんありがとう!! 
そして休日に撮影させていただいたワタナベさんありがとうございました。
(感謝感謝)
[PR]
by aunmidori | 2007-10-29 23:28 | (店舗)watanabe | Comments(0)
排出権って??
今年の夏も異常に暑かったですよね?

37〜39度を全国各地で記録して、『なんでこんなに暑いの‥』と天気に対して
愚痴のこぼれる毎日でした。
沖縄周辺の珊瑚礁がどんどん北上してるらしいし。。
これらの原因は全て【地球温暖化】が原因と言われている、そして温暖化の原因
は二酸化炭素の排出量が増加しすぎたことが大きな要因だと‥

上の内容は誰もが知っている話で、二酸化炭素を減らすために
やたらと 企業宣伝などで『エコ、エコ、エコ、エコ』 『チーム−6%』って
騒ぎ立ててる気がしますが、エコビジネスってやつですね。
みんな知ってるんか、知らないのか、周りの人に聞いたこともないんやけど
究極のエコビジネスとも言える排出権取引。僕は恥ずかしながら最近この言葉を初めて知りました。

排出権取引というビジネス。
京都議定書では、自国で二酸化炭素やメタンを減らすことがどうしても難しい場合、他国に行って二酸化炭素やメタンの削減に協力すれば、その分はその国が減らしたことにしよう、という驚きの抜け道を作ったのです。例えば海外の国々に行って風力発電の開発を援助したり、優れたゴミ処理技術を駆使してメタンガスの発生を抑えたり…このように、日本国内では減らせない分を海外で減らすというやりとりを「排出権取引」といいます。


簡単にいうと、(環境問題素人なんで間違ってたら、ごめんね)
日本国内で二酸化炭素削減するにはコストが莫大にかかる。
だから、コストの安い国で現地企業が日本の技術提供を受けて二酸化炭素を削減。
その間に入っているのは日本の商社。
例えば
コストの安い国で二酸化炭素500万トン減らすと、約25億円の権利が発生する。
500万トンの削減を迫られている日本企業は25億円で権利を買って、堂々と
国内で500万トン、二酸化炭素を排出できる。

これ、すごくないですか??せこくないですか?
環境問題素人の僕が思うに、お金で二酸化炭素削減を達成しようという風に
解釈してしまいます。
結局、−6%は国内では達成できないと言うことなんですよね‥
こういう抜け道用意してたなんて‥
京都議定書アカンわ‥
そりゃ頑張らへんわ‥
アメリカと中国が削減していないから、日本の本気でこの二つの
大国を環境に目覚めさせて欲しかったけど、金で権利買ってたら無理や。

これから地球がドンドン暑くなるのか?ならないのか?
だれにも予測できへんけどたぶん暑くなるよな。


エアコンのなるべく必要ない、風の抜ける家を設計して、庭に木を植えよう。
a.unのできる企業努力はそういうことです!
『あなたも庭に一本を植えませんか?』
(森)
[PR]
by aunmidori | 2007-10-28 22:18 | 日常 | Comments(0)
伊勢の赤福餅‥思うこと
僕は三重県鈴鹿市出身だから赤福餅が大好きだ。
親父の田舎が鳥羽だったので、子供の頃から伊勢には行く機会が
多かったように思う。
特に本店で夏場食べた赤福氷の美味しさは格別で、大人になって
からも伊勢方面に行けば必ず立ち寄っていた。

今、赤福は大ピンチになっている。
ひょっとして赤福はもう二度と食べることができないかもしれない‥‥

原点に戻ってやり直すしかないだろう。
伊勢名物として、伊勢神宮の参拝者へのお土産として、伊勢だけで
つきたての餅を提供すればよい。
名古屋駅や大阪で、できたてを提供するという方針に無理があると思う。

僕の勝手な想像だけど
江戸時代の伊勢神宮参拝者達は長い道のりを歩いて伊勢に辿り着く
そして、疲れきった身体に
甘〜いできたての赤福餅と暖かい粗茶。
だから美味しい。

販売拡大路線を維持しての復活は厳しいと思うから、伊勢の地で
伝統をちゃんと守って欲しい。
伝統はお店側だけの伝統ではない。
食べ続けてきた江戸時代からのお客さんの伝統でもあるわけだから
また復活して欲しい。再び赤福氷を食べさせてくれよ!!(願)
(森)
[PR]
by aunmidori | 2007-10-25 22:34 | 日常 | Comments(2)
京都サンガ 対 愛媛FC
例の格安観戦チケットを利用して京都サンガの試合を観に来ました。
1ヶ月程前に東京ベルディ1969戦も来ましたが、それ以降京都サンガは
監督交代をしてテコ入れをおこなったようです。
今日京都の先発メンバーをみて
『懐かしいな‥』って感じちゃいました。
DFに【元鹿島】 鉄人 秋田、【元清水】 森岡  【元名古屋】 中谷 
4年位前だったら豪華メンバーなんだけど。
そして極めつけ監督は 【加藤久】 初代アジアの壁ですよ!! ちなみに二代目井原ね。
試合内容は気温と同じく、前半は寒い内容でした。
愛媛のサイド攻撃で何度も決定的チャンスを作られてました。
後半はFW 田原のスーパーゴールで逆転したものの、中谷選手の左サイドから
愛媛に何度も攻め込まれていた気がします。(田原も懐かしいな)
d0116299_08110.jpg

勝つには勝ちましたが、僕的にはJ1昇格に向けて不安な試合となりました。
それは、監督が加藤久ということと、衰えの隠せぬ鉄人秋田、守備の弱すぎる
中谷選手。この3点が特に気になりますね。
監督は初代アジアの壁で大丈夫か?
鉄人秋田は大丈夫か?
狙われまくってた中谷選手は大丈夫か?
心配な京都サンガFCです。
(心配だから残り試合も応援しに行こう。。 
倉貫選手は後半良かった ああいう選手好きですね、効いてました。)
(森)
[PR]
by aunmidori | 2007-10-24 23:18 | サッカー | Comments(0)
衝動にかられる
人って衝動にかられて動いちゃう時ありますよね?
例えば

◦急にビールが飲みたくなり、立ち寄ってしまう居酒屋。
◦買う予定ではなかったのに、CDや本をまとめて何冊も購入してしまう。
◦急に運動がしたくなって、意味なくランニング。

突然、思い立ち行動しちゃう時あるんだな。。

建築やってる人だと、街中や旅先で無意識に発見した有名建築を前にして
妙にテンションが上がり、次の予定を遅らせてでも
建築見学をしてしまう時ありますよね??

僕はこのテンションが大好きなんです。(夢中になってる感じね‥)

つい先日も埼玉へ向かう高速道路(中央道)で休憩した諏訪サービスエリアで
同じような衝動にかられました。
諏訪サービスエリアから遠くに見えた、伊東豊雄さん設計、諏訪湖博物館の屋根。
『夕方に埼玉到着しなくちゃダメだし、時間ないな‥』と心で思いつつ
行ってしまえ!!! 行ってしまえ精神は大事なんです。
高速を降りて、イザ博物館へ向かうことになりました。
しかし、屋根のメンテナンス工事ということと、休館日なのか?
内部を見学することはできませんでした。
これはフラストレーションが溜まります。
何か物足りない。
で、思いついたのが松本市にある 【まつもと市民芸術館】
あの壁見たい!!行ってしまえ!!
そう、行ってしまえ精神は大事なんです。
松本までは高速で20〜30分。以外に近い。
でも、夕方埼玉必着もあるので、電話で休館日でないことを確認して
向かうことにしました。
そして、【まつもと市民芸術館】到着。
d0116299_2358112.jpg

d0116299_23581979.jpg

d0116299_23583411.jpg

衝動にかられて見に来た甲斐がありました。
美しい壁です。
妙な軽さがあるんだけど、ほんと美しい壁ですよね。
ホールは見学できないんだけど、ある程度満足できました。
衝動 万歳!!
(森)
[PR]
by aunmidori | 2007-10-23 23:20 | 日常 | Comments(0)
あだんのぼうけん
d0116299_21415155.jpg

この絵本は友人のデビュー作”あだんのぼうけん”です。
大学時代、研究の為10年間通った沖縄を舞台にしたお話。

あだんという木の実のぼうやがじぶんの好きな場所を見つけに行く
お話なんですが、あわてんぼうのあだんがめちゃめちゃかわいんです!

いつか子供ができたとき、よみきかせたい絵本ですね。

その絵本出版記念を兼ねて、友人が京都恵文社で初個展を開きました。
題して”えほんのたまご展”

私は仕事で行けず、相方から展覧会の楽しそうな話を聞いてすごく残念がってたんですが、今日届いたお手紙冊子に個展の様子が平面のイラスト+解説付で分かり易く書いてあったので、ウキウキしながら読ませていただきました。

個展用に作った手ぬぐいも、めっちゃかわいいです。。。
d0116299_2213267.jpg



(terco)
[PR]
by aunmidori | 2007-10-20 22:15 | 個展・展覧会・ライブ | Comments(0)
おすすめ UDON!!!
加須市のワタナベビル現場、ラスト1週間は僕も現地へ行き色々な雑務
その他調整、塗装の手伝いなど大変ハードな時間を過ごしていました。
忙しい状況での楽しみと言えば、やっぱり食事になります。
加須といえば、うどん!
僕はうどんが大好きで、大阪にある讃岐系うどん店にはよく足を運びます。
そこのうどんはゴムのようにコシのある麺と、天ぷらが最高のハーモーニーを
醸し出していて、大盛りでもペロッといけてしまうお気に入りのお店なんです。
そのお店に匹敵する加須の美味しいうどん屋を紹介します。
【久下屋脩兵衛】
d0116299_2112649.jpg

美味しそうでしょ??
加須のうどんは讃岐ほどのコシの強さはありません。
讃岐と普通のうどんの中間くらいのコシの強さなんです。
そして特筆すべきはその天ぷらの美味しさ!!エビの大きいこと!!
値段の安さ!!(東京や大阪の半値位なんです)
埼玉に行かれた際には、騙されたと思い皆さん一度食べてみてくださいね。。
絶品ですよ。
(森)
[PR]
by aunmidori | 2007-10-14 21:10 | 日常 | Comments(0)
ワタナベビル 現場日暦(17)
お久しぶりのブログです。。
竣工しました!!
埼玉県のワタナベビル改装が無事に終わり、本日快晴のなかOPENしました。
d0116299_21342798.jpg

d0116299_21344455.jpg

d0116299_2135347.jpg

どの現場でもそうなんですが、工事途中の予期せぬトラブル、ギリギリの日程
様々な問題はありましたが、こうして無事完成してお客様を迎え入れている
お店をみると本当に感動します。
施主さん、工務店、その他沢山の関係者、諸先輩方に助けられての完成です。
ブログ上ですが……本当にありがとうございました。感謝。。
(a.un)
[PR]
by aunmidori | 2007-10-10 21:45 | (店舗)watanabe | Comments(0)