a.un 滋賀の建築設計事務所 。住宅や店舗を設計監理してます 。
<   2008年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧
新年会
本日はお茶のお稽古の新年会でした。
新年会と言っても居酒屋でお酒でも飲みながらっていうのではなく、
美味しいランチ+和菓子体験というスタイル。

和菓子体験教室の関係もあり、いつもランチはその近くで探すのですが、
今年は私が学生時代(もう10年以上前)にバイトしていたイタリアンのお店が
北山から近くに引っ越して来ていたのを偶然発見し、久しぶりのチーフとの再会というご縁もあり、>”トラットリア・ベーネ””さんでランチをする事になりました。

前菜、パスタ、デザートとどれも美味しくて、至福の時間でした。
チーフ一人で切り盛りされてるので、11人を同時に出すのは結構大変だったと思います。ありがとうございました。

そして和菓子体験へ!

お店の方のお話を聞き、実演があって、では作ってみましょう!になるのですが〜
さてさて、これがなかなか難しんですよね。。。
しかも私、みんなと一斉に作るというのは結構苦手かもしれません。。。

↓見本です。右から松、具体的に表現したさくら、そして抽象的に表現したさくら。
美しい〜!
d0116299_21213657.jpg

↓そして 作ってみた和菓子達。。。。 まんまるいのが気に入ってます。
d0116299_21231433.jpg


5つ作って、4つはお持ち帰りで、あと一つはお抹茶と一緒にいただいて帰ります。
ん〜〜〜おいしい〜〜〜、形はともかく味は格別ですね(笑)

d0116299_2137889.jpg

色々な道具も見せていただきました。これはお干菓子用の木型です。
型を見れば時代がわかるそうで、中央の彫りが薄くて大きなものは
砂糖が貴重だった時代のものだったり。

お店の方のお話の中で和菓子は
”山を見て色を決めろ”
という言葉がとても印象的でした。

日本には美しい四季があります。
その四季をお菓子に表現できるのは和菓子だけです。

今日の山は少し雪化粧です。
それをイメージして作るにはまだまだ修行がいりまするなぁ。 (terco)
[PR]
by aunmidori | 2008-01-27 21:45 | 日本 | Comments(0)
寒い日は甘くて美味しいものにかぎる
いつも私が書くブログは、いただきものが多いんですが、
これはちょっとおすすめです。

今日、友達が買って来てくれたんですが
”ラジィ(L'ASIE)”といお店の焼き菓子で、とってもおいしんですよ!

大阪で買って来たらしく調べてみると梅田大丸の地下にお店があり、
ケーキなども美味しそう!
d0116299_22541798.jpg

なんだか写真だとにぎり寿司っぽいんですが、パッケージもかわいくて、
おまけに紙袋までかわいい!
d0116299_22565036.jpg

d0116299_22552124.jpg


店舗の設計をする事が多いので、もちろん内装はチェックしてしまいますが、
パッケージやショップカード、制服、紙袋なども
私のお店評価の重要なポイントなんです。

もちろん百貨店に出店してるお店ですから、かわいくて美味しいのは当たり前なんですけどね。

といことで、皆様お試しあれ!
(terco)
[PR]
by aunmidori | 2008-01-26 00:16 | いただきもの | Comments(2)
地盤調査しました。
『愛宕山の家』地盤調査を実施しました。
スウェーデン式サウンディング試験という一番簡単でコストのかからない試験です。
(お願いした会社は他社より1〜2万円程度安い気がします、52,500円)
配置図を参照しながら、5カ所選定し試験開始です。
d0116299_0145285.jpg

d0116299_015556.jpg

d0116299_015189.jpg

計画中の『愛宕山の家』は在来木造だから建物本体の自重は鉄骨造、RC造に比べると
軽いのですが、調査を実施した上で基礎の設計を計画する事はとても重要です。

この試験の結果が芳しくないと、表層改良などの地盤改良が必要となり
コスト増の大きな原因になるので、良好な結果を待ちたいと思います。
a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2008-01-25 00:12 | (住宅)愛宕山の家 | Comments(0)
乾燥警報
『ノド痛て〜』
それにしてもノドが痛い。
今日は雨なので多少ましかもしれないが、この5日間位の空気乾燥は
僕のノドを痛めつけた。
乾燥に対する対策は一切とっていないので仕方ないのだけども、
(濡れタオルを2枚寝室にかけてる)
毎朝ノドがゴビ砂漠状態ですわ。

昔から鼻の通りが良くないので完全に口呼吸をしているらしく
よく人からは『ボッーと』口を開けた人と言われ、アレルギー鼻炎も
酷かったのでそれを改善するため手術したことがありました。

その手術は鼻の骨(確か軟骨)が歪んでいるので削って直すのと
アレルギー対策で、鼻の粘膜をレーザーで焼く?切除?でした。
それ以降アレルギーはかなり改善されていまのところ大丈夫なんですが
(花粉症やらアレルギー性鼻炎やらでお困りの方。僕は↑おすすめ)
鼻の通りは今一つで口呼吸は相変わらず続いています。
だから毎度冬の乾燥季節は本当につらい。
風邪もひきやすくなるし。

みんなどんな対策してるんでしょう?
やっぱり加湿器必要なんだろうか。。必要ですよね。
(森)
[PR]
by aunmidori | 2008-01-23 16:14 | 日常 | Comments(0)
ストイコビッチ復活!
ストイコビッチ!復活

ストイコビッチ 大好きな選手の一人でした。
名古屋グランパスに来ると聞いた時は
『なんであんなに良い選手がJリーグに来るの?』
と本気で思いました。
90年ワールドカップ 準々決勝のアルゼンチン戦。
あの試合のストイコビッチは18年経過した現在でも記憶に残る素晴らしいプレー
振りで、『キレキレ』と言う表現がピッタリな活躍でした。
あの試合に限ればマラドーナよりもストイコビッチ。
完全に試合をコントロールしてたし、数多くのチャンスを作りだしていた。
でも他の選手がたくさん外してたような(記憶がちょっと曖昧)
左サイドでのゴール近くでの『キュ』というドリブルの切り返し。
思い出すだけでしびれる。
最後はPKを彼自身がバーに当ててしまい負けたのだけど‥
(あの試合見たいな。誰かビデオ持ってないかな)
もしあの試合ユーゴが勝利してたら、人生が変わりストイコビッチも、
オシム(当時監督)も日本に来る事はなかったかもしれません。

でもユーゴは負けて、ストイコビッチはその後何年間か怪我の影響もあり
活躍できず。極東の日本へ。名古屋グランパスへ。
グランパス時代の活躍は皆さんもご存知かと思いますが、一人次元の違う
テクニックでサポーターを沸かせていました。
ベンゲルと共にアーセナルに移籍しても何ら不思議でない活躍ぶりだったので
日本のサッカーファンは彼を長い期間、間近で観戦できたので本当に
ラッキーだったと思います。

そんな彼が古巣グランパスに監督として帰ってきます。
『名選手、名監督にあらず』
そんな言葉はストイコビッチの辞書にはないと信じてビッククラブに
育て上げて欲しいものです。
Jリーグも本当に楽しみです。
(森)
[PR]
by aunmidori | 2008-01-22 18:58 | サッカー | Comments(0)
模型ひとまず完成。
朝方までかかり模型が完成しました。
深夜の仕事場は、無茶苦茶寒い。
ストーブ全然効きません。
そして灯油、無茶苦茶高い。

で、完成した模型の一部。
d0116299_5145616.jpg

d0116299_515182.jpg

3住戸の共同住宅です。
(法規的には長屋になるんですが)
3家族(もしくは3夫婦)が小さな土地に集まって住むわけで距離感は必要。
でも10m×12mの土地で距離感を上手く作り出そうとすると
強引な計画になる。力技は嫌いだから距離感以外の何かに頼るとする。
プライベート感。
各住戸ごとに専用駐車場と直接アプローチできる専用玄関を設けることができる。
専用できる面積が大きければ借り手の満足度は高い。
逆に管理する側は共用部分がないので手間が省ける。
素直に考えると皆が得しそうな計画が生まれる。
素直さって大事やな。
気に入っていただけると嬉しいのですが。。
(a.un)
[PR]
by aunmidori | 2008-01-20 08:17 | その他建築 | Comments(0)
整理しました
やるべき事があるのに、現時点で全くやる必要のないブログの整理を
無性にしたくなり4時間かけてやってしまった‥

人間ってこういうもんですよね。(求む同意)
急に掃除したくなる日もあるし。

そういうことで
画面左のカテゴリーを細かく設定し物件ごとにまとめ、未だアップ
していなかった写真を沢山アップしました。
(これでほとんど全てアップ済み)
何て事ない部分を、面白い切り口で撮っていただいている。
detail写真が良いです。
細かい部分なのに全体の空気感が伝わる写真。
齋藤君に改めて感謝。
皆様、是非とも左カテゴリーをクリックして全ての写真ご覧下さい。
(森)
[PR]
by aunmidori | 2008-01-17 18:57 | その他建築 | Comments(0)
小さなパン屋 -3-
前回提示案とはガラっと変更になりました。
小さなパン屋、第二案模型です!
住宅街のど真ん中で既存建物は既製品のサイディングを外壁に
張り巡らした外観です。
その店舗部分だけ漆喰系の塗り壁で真っ白にしてみようと思います。
塗り壁にポツンと小窓。
大きな木製扉。
携帯写真アップでは全然伝わりませんが、かなり可愛いお店になります。
でも施主さんの好みに合うか‥それが大事なんですね。
d0116299_22451554.jpg

d0116299_22453377.jpg

(a.un)
[PR]
by aunmidori | 2008-01-15 22:44 | (店舗)garcon d'or | Comments(0)
大きな木
近所にある巨木。
d0116299_20493053.jpg

d0116299_20494373.jpg

大きな木には神様が宿ると言います。
この木に気付いてから手を合わし、頭をペコリと下げる
ようにしています。
特別な願い事なんかしちゃいけません。
昔は
『仕事上手くいきますように』
『成績上がりますように』(若かりし頃)
『お金持ちになりますように』(どんだけ厚かましいねん・・笑)
ありとあらゆる願望を神社でお願いしたもんです。

でも、そういう願い事はしなくなりました。
お願いしそうな自分を抑え、2秒間だけ無心で頭をペコリ。
意外に気持がすーっとします。
皆さん巨木を発見したらお試しあれ!
(森)
[PR]
by aunmidori | 2008-01-14 21:29 | 日常 | Comments(0)
watanabe 竣工写真(2)
この建築業界には建築コンペという実施コンペであったり、賞をもらうための
作品コンペ等多種多様なコンクールが存在しています。
ほとんど参加したことはないのですが(頑張って参加せなあかんと思いつつ‥)

実際の仕事では、施主さんがa.unに御相談された時点でハウスメーカーであったり
他の設計事務所にも並行して相談しています・・というような場合もありました。

勿論、それは天秤にかけられている訳ですので、その時点でお断りする建築家
の方もいると思いますが、a.unとしては状況の許すかぎり御提案させて
いただいてきました。(お断りしたこともございますが、すみません)
それは、提案させていただく時点で2,3社に絞られているのでいきなり
コンペ決勝戦みたいなものだと理解し、取り組んできました。

このwatanabeも東京の設計事務所さんと比較された中で選んで頂きました。
施主さんの若い奴を育てようという大きな心もあるかもしれませんが、
a.unとしては小さな戦いに勝ったという、小さな誇りを大事に
設計に取り組んでいます。
(今も別の小さな戦い真っ最中です。連勝目指して頑張ります)
d0116299_13355715.jpg

d0116299_13362239.jpg

d0116299_13364065.jpg

d0116299_1337266.jpg

d0116299_13381398.jpg

(撮影 齋藤裕也)
[PR]
by aunmidori | 2008-01-12 13:38 | (店舗)watanabe | Comments(0)