a.un 滋賀の建築設計事務所 。住宅や店舗を設計監理してます 。
<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
白いからす
8月に発売された、”ほんまわか”さんの”白いからす
彼女の絵本作家としての(メジャー?)デビュー作です。

絵も驚くほど迫力があって、この絵を完成させる為に
どれだけのエネルギーと時間が費やされたのだろうか。。
言葉も丁寧で、人柄がとても表れていました。

戦争をテーマとした絵本なんですが、子供向けというよりは、
子供に読み聞かせる大人達に是非呼んで欲しいと思いました。

昨日、久々わかさんに会って、色々話してたんですが、
1冊の絵本を創り出す事の大変さ、出版する事の社会的な重み
どんな職業でも自分の世界を表現して作品を創る事は
決して容易なことではないんだと、改めて身の引き締まる思いです。

ほんとうに、良い絵本です。
目を背けず、まじめに考えていかなければいけないテーマだと思います。
是非、手にとってみてください。
d0116299_20372876.jpg

出版社: 自由国民社

(terco)

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2009-09-30 20:52 | | Comments(0)
青木菜穂作品展
かわいいDMが届きました。。

”青木菜穂作品展”が愛知県安城市のギャラリー伽耶さんで開催されます。
d0116299_20521439.jpg

今年、私達は行けないのですが‥
青木さんもメンバーとして参加しているtable music meetingのライブも
ギャラリー伽耶さんで10/3(土)に開催されます。
昨年12/13日のライブは本当に楽しい演奏会でした。。

お近くの方は是非とも足を運んでみてください!!

青木菜穂作品展 2009.10.10(土)-10.23(金)
open 10:00 - 18:00
closed Monday
ギャラリー伽耶
愛知県安城市横山町寺下15
tel.0566-75-2212

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2009-09-29 21:00 | 個展・展覧会・ライブ | Comments(3)
土地めぐり2
ツのいえ

2度目の土地めぐりです。
d0116299_0113599.jpg

d0116299_011371.jpg

写真でお分かりとは思いますが、
これぐらい『のどかで静かな場所』を探しています。

静かな場所すぎると、水道もない、側溝もない、インフラがない場所
になってしまいます。
津市内では2カ所に絞れてきたのですが
探す範囲を、亀山、関にも広げて情報を集めています。

土地購入の決めては、最後は直感みたいな部分もあるので
沢山の情報をもとに、後悔のない場所を選んでいただきたいです。

(でも、京都と比べると本当に安いですわ。。)

前回の土地めぐり1回目に続き
今回も昼食には津の名物『うなぎ』を食べに行きました。

津市は一人当たりのうなぎ消費量が日本一!みたいです。

沢山うなぎのお店があるのは知っていたのですが
知るひとぞ知る穴場?の川沿いにあるお店を訪れました。
うなぎを目の前で捌いてから焼いてくれるので、
実に新鮮で、絶妙な焼き具合でした。
タレも甘過ぎず、美味しかったです。

しかし、ここのマスターは強烈です。
その強烈さが嫌いな人は無理なので行かない方がいいです。
(僕たちは平気だったけど)

次回も美味い『うなぎ』屋に行こうと考えています。

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2009-09-27 22:08 | (住宅)ツのいえ | Comments(0)
うれしい小包
それぞれの実家からお野菜や果物が届きました。
d0116299_15414142.jpg

庭で採れたいちじくや、親戚が作ってるレンコンや、梨、リンゴなどなど。
それから白いナス。
通常のナスより柔らかいです。
普通に焼いて食べたら美味しいという事なので、
今晩のおかずにさせていただきます。
いつもいつも、ありがとうございます。
何よりのごちそうですね。



(terco)
a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2009-09-17 15:50 | いただきもの | Comments(0)
散歩の収穫
最近すっかり朝晩と涼しくなってきて、空気がきもちいい。

今朝も目覚めて空を見ると、水色のさわやかな空に雲がふわふわ浮いている。
あ〜きもちいいな。
昨日のお稽古(お茶)のおかげで、今朝は心が身軽に感じたので、
朝食前に近所の北野天満宮までお散歩。

外を歩いてみると、いつもより早起きのつもりでも
世間から見れば決して朝早くない事に気づかされる。
登校中の小学生や駅に向かうサラリーマン達。

北野天満宮でお参りをし、折り返して歩いていると
とあるお家の前に、行きにはなかったはずの
粗大ゴミ回収札の付いたとても味のあるブリキのジョーロが
玄関先に置いてあった。

「ゴミに出さはるんやな、もらってく?」

「いやでもな、勝手にはな、どうしよう、やめようか‥」


一度はあきらめて帰ろうとしたのだが、
なんだか気になってしかたない。

さすがに勝手に持って行くのは失礼だし、
おうちの方にちゃんとお話してみようと、インターホンを押してみた。

突然の訪問にも快く出てきてくださった家人はかわいらしいおばあさま。

「あまりにも素敵なジョーロなのでいただけないでしょうか?」

「これは昔の職人さんの手作りのいいものなんですよ、
 だけどもう古くて使いにくいし、捨てようと思ってたんだけど、
 こんなものでもよければどうぞ」

「これはなんですか?」

「これはね、工業用ミシンの足踏みと横の部品なんですよ」

「いいかんじですね〜」

という事で、結局一式いただいて帰る事になりました。

いただいたブリキのジョーロでの水やりは時間はかかるけど、
たのしい時間になりそうです。

(terco)

d0116299_16275676.jpg



a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2009-09-10 16:16 | 日常 | Comments(0)
ヒビのコヅエ展
先日、伊丹市立美術館で開催中の
「キタイギタイ」ヒビのコヅエ展を見てきました。
ひびのこづえさんは舞台や映画衣装を手がけるコスチュームアーティストさんで、
私が彼女を知ったのは、”とらばーゆ”という女性転職雑誌の表紙。
かわいいモデルや女優さんが、ひびのさんデザインのコスチュームに身にまとった
とてもキュートな表紙でした。

展示場では、彼女の作品がさまざまなテーマで表現されていましたが、
実際に人が着ていないコスチュームはまるでセミの抜け殻の様で、
未完成な印象でした。

コスチューム(costume)。。。?
展示を見た後、なんとなくはわかるけど、
言葉の意味が気になり調べてみました。

衣服が単に物的なものをさすのに対して、
コスチュームは、物と心の一体化した服装や衣装を表す語。

そうまさにそうだなって。
展示されてるコスチュームに人がそでを通す事で、
素材と素材の間に空間が生まれ、
呼吸する。
物と心の一体化。

彼女の作品を見てると、すごく建築的に感じたのは、きっとそこだったんですね。



(terco)
d0116299_200478.jpg

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2009-09-08 20:08 | 個展・展覧会・ライブ | Comments(0)