a.un 滋賀の建築設計事務所 。住宅や店舗を設計監理してます 。
<   2009年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
住宅見学 
前日の三重Arneツアーから引き続き
土曜日は、ご相談ご検討中のお客様に2住宅見学案内いたしました。

住んでいる状態を快く見学させていただきました
お施主さんにまず感謝です。
(楽しみにお待ちしていただいてたみたいで、本当に感謝)

まずは菰野の家
奥様が趣味でパンを焼いています。
今回も沢山のパンを焼いてくださり、ごちそうになりました。
たくましく住んでいる様子がうかがえて
案内してた僕たちは嬉しい気持ちになってきました。
独立最初に頼んでいただいた勇気に今更ながら感謝です。

次は1時間移動して愛宕山の家
こちらは家に入った瞬間に両家族の子供達(1歳〜4歳の男の子4人が)
がおもちゃで遊びはじめました。
時間が経つと子供達の喧嘩が始まりました。
この家は子供が絵になります。
そういう家です。
ご案内したお客様は景観の良さに感心されていました。
土地探しのヒントになっていたら嬉しいですね。

遠いところ、わざわざ見学に来てくださったご検討中のお客様。
写真では伝わらない質感や、住んでいる生の様子が理解して
いただけたと思います。
遠いところ本当にありがとうございました。

住んでいる状態を快く見学させていただきました
お施主さんも本当にありがとうございました。

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2009-11-28 23:37 | (住宅)かもハウス | Comments(0)
Arne 三重ツアー
楽しみにしていた三重県立美術館で開催中の『 大橋 歩 展 』を中心に
Arne 三重ツアーへ行ってきました。
絵本作家の ほんまわか さん、イラストでおなじみ アオキナホ さん
そしてa.un進明、運転手でナビゲーターのa.un岡山の4人で出発です。

今回きちんとスケジュールを立て、無駄なく三重の良い所を廻るつもりです。
予定はざっと こんな感じ

1)三重県立美術館 大橋歩展
2)パン屋 ブリクストン(ギャルソンドール)
3)関の而今禾にてランチ
4)白子の伊勢型紙資料館


1)『 大橋 歩 展 』
平凡パンチ表紙の変遷がとても面白かった。
途中から表紙には女性しか登場しなくなり、デザイナーが入ることで
大胆なトリミング、色変更など、原画とかなり違う号もありました。
d0116299_22561967.jpg



2)パン屋 ブリクストン(ギャルソンドール)
パンを皆で大人買いしました。
オーナーにも皆で挨拶。
ちなみにギャルソンドールの木製看板はアオキナホさんに描いてもらっています。
お客さんも沢山入っていました〜


3)関の而今禾にてランチ
町並みが保存されている東海道関宿にある而今禾さん。
ランチは美味しくて、思わず話が弾み、
ちょっと声が大きすぎる程に盛り上がってしまいました。
結局、長居しすぎて 4)白子の伊勢型紙資料館は断念。
白子生まれの岡山は伊勢型紙と墨の伝統産業を皆に見てもらうために
とても気合いが入っていたのですが
これは次回にしましょ。


4)予定変更 津に戻り カフェ シマダ輪店へ
ここでもお茶しながら話が弾む。
皆さんちょっとテンションが高いようで・・

この4人でのお出かけは初めてでしたが
ま〜よく喋りました。
大橋さんの展覧会が記憶から霞んで消えそうなくらいに
喋りましたね。。

勝手に今度はどこ行こ〜?と計画中です!

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2009-11-27 23:24 | 個展・展覧会・ライブ | Comments(0)
冬支度 アラジン登場2009 
京都の冬はとても寒いそうです。(夏も暑いそうですが・・)

この仕事場は一般的な京都よりも、もっと寒いです。(夏も暑いです・・)

今年もアラジンを準備して、初点火です!

d0116299_23145474.jpg


建具を取っ払って、ほぼワンルームのような状態にしているのですが
毎年毎年、灯油の消費量がすごい状態です。

ここに来て4年が経過した、この冬
はじめて建具を入れることにしました。

仕舞い込んでいた古い木製建具は埃まみれ。

ひとつひとつ雑巾で奇麗にふきあげて、建具を入れてみると
さすがに古長屋だけあって、建物の歪みは相当なものです。

建築設計事務所やってて、これだけ耐震強度の低いであろう
建物に住んでいるのもどうなんだろうと?真剣に考えてしまいます。

d0116299_2315677.jpg


でもやはりこの青い炎は癒されます。
相方と一緒に暖気に触れながらotimo(オッチモ)珈琲を頂きました。

そしてotimoはオッティモではありません オッチモです。1年間オッティモ
と読んでたわ。ごめんよ。オッチモですよ!!

そんなこんなで、
建具を入れて少し囲まれた仕事場もなかなか居心地エエもんです。

(森)

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2009-11-18 23:16 | 日常 | Comments(4)
貴重な経験
今日、うれしいお客さんがありました。
滋賀県から、二人のかわいい高校2年生の女の子です。

彼女達の通っている高校では、各生徒自らが興味のあるテーマを決めて、
1年間を通して探求する”人間探求学”という学習を行っているそうです。
その活動の一環として、興味を持った企業などに伺い、
直接話を聞いたり、仕事を拝見したりする、
フィールドワークを行うというものらしいのですが、
なんと、お恥ずかしい事に私達a.unをサイトで見つけ、
興味を持ってくれたらしく、問い合わせをしてくれました。

彼女達は将来、建築、インテリアに関わる仕事に就きたいと思っていて、
色々なお話を聞かせていただきたいとの事でした。

最初、私達が彼女たちの役に立てるのだろうか。。。と悩みましたが、
こんな機会もめったにない事だし、サイトやブログを見て、
作っているものに興味を持ってくれたのなら、
その気持ちを素直に受け止め、誠実に対応しようと。

そして今日、滋賀県から雨の中、a.un事務所に来てくれました。

会うまではメールでのやりとりだけだったので、どんな子なのかドキドキでしたが
二人とも、高校生らしい素直なかわいい子達だったので、
ほっとしたと同時にテンション上がって、
彼女たちの質問に対して、答え以上にしゃべり過ぎてしまいました(苦笑)

自分達が高校生だったころ、こんなにも将来のことを考えていただろうか・・??
いや考えてません(断言)
二人のしっかりした質問内容、驚きました。
(そしてお母さんの年齢が若くてもっとびっくり!)

事務所での質問と写真を見ながら仕事の話をした後、
駅までの帰り道でもあったので、百音さんに案内する事にしました。

皆でケーキセットを注文し、百音さんの工事記録の写真を見ながら説明をしたり、
写真で見るだけでなく実際のお店を見て、喜んでくれた様でした。

将来、彼女たちが大学へ進学し、本格的に建築やインテリアを学んでからも
a.unに興味を持ち続けてもらえるように、そして追い越されないように、
もっともっと頑張ろうと、改めて身の引き締まった一日でした。

陰ながら応援したいと思います。
そしていつでも遊びにきてね。

貴重な時間を本当にありがとうございました。

(terco)

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2009-11-17 21:21 | 日常 | Comments(0)
たかが塀、されど塀
先月出席させていただいた、友達の結婚式披露宴でのお話。

僕たち夫婦は新婦が勤めている京都の和菓子屋さんの社長とテーブル
をご一緒させていただきました。
とても気さくな方で、色んな楽しい話を聞かせていただいたのですが、
その中でも心に”グッ”とくる良いお話がありました。

それは新郎の勤めている会社(相方が以前お世話になっていた会社です)
の親方が僕たちのテーブルにビールをつぎに来てくださりました。
その瞬間、数寄屋の親方と、和菓子の親方のトップ対談が立ち話ではじまり
京都の良さ、歴史、物作りについて深い話が次々と語られていました。

和菓子屋さんは昨年、お店の木塀を新しく新築されました。

『たかが塀ではないんだよ、本物の塀を作らなければ
 あの店はダメだと言われるんだよ』

『塀はお店に来られるお客さんが一番最初の目にする店の顔なんだよ
 だから、しっかりした数寄屋大工に作ってまらわなあかん』

と、おっしゃっていました。

コストのことだけ考えていたら、もっと陳腐な塀でも良かったかも
しれませんが、そんなことしていたら、この和菓子屋さんの伝統や
歴史は止まってしまう。

和菓子屋の社長として伝統や歴史を守り、先に繋げていく覚悟を聞けた
とても良い瞬間でした。

ということで、お店と塀を見てきました。
(勿論、和菓子とお抹茶もいただいてきました)
d0116299_11364473.jpg

そこに何十年もあるかのような佇まいです。
d0116299_1138513.jpg

d0116299_11381467.jpg

最後は・・ごちそうさまです。

(森)

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2009-11-06 20:56 | 日本 | Comments(0)
静原のツリーハウス
京都の山奥 静原にあるカフェミレットで
乃普創時代の先輩イシヅカ氏が
設計施工でツリーハウスを製作中です。

面白そうなので現場を見てきました。

予想していたよりかなり良かった。

イシヅカ氏しか出来へんな、あんなこと。

金物もほとんどすべてオリジナルの特注やし

色んな意味でギリギリ。

でも、ツリーハウスがそのまま飛んでいくんじゃないかと思えるほど
工事途中の姿は軽やかで、美しい造形でした。

建築の外皮にまとわりつく仕上等を経て
どこまであの純粋な美しさは保たれているのか?
完成が楽しみやね。
d0116299_23181229.jpg


(森)

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2009-11-05 23:06 | 日常 | Comments(0)
10/23(金)岐阜と愛知へ
香川への旅から戻り、2日後には岐阜と愛知へ向かいました。

午後3時に岐阜県可児市というところで用事が入っていたので
午前中に愛知県安城市のギャラリー伽耶さんで個展中の
いつもおなじみアオキナホさんの個展を観に行きました。

最終日なのでナホちゃんも存廊中でした。

ナホちゃんの個展なんですが、今年は大山崎レリッシュさん、百音さんに続く
3連続開催ということで忙しい秋だったと思います。

会場が大きいので、他の個展ではなかった大きな作品もありましたし
新たに制作された作品も増えていました。
d0116299_22164160.jpg

ボキャブラリー不足でとても申し訳ないのですが・・
ナホちゃんの作品はいつも心をわくわくさせてくれるそんな絵です。
少し更新までに間が空いてしまったので、その時の興奮をうまく伝えられないのが
非常に残念なのですが、いつも話すと元気をもらうので、人柄が作品に出ていて、
今回もパワーをもらいました。

珈琲飲みながら三人で少しだけ話をしたのですが
こちら二人で喋りすぎた気がしたけど大丈夫だったかな?
いつもよく喋ってしまいます。。

そしてテンションを上げたところで岐阜県可児市へ行き
また喋りました。
こちらも喋りすぎていないか、とてもとても心配です(笑)
可児市は初めての土地だったので色んな意味でとても新鮮でした。

(a.un)

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2009-11-04 22:45 | 個展・展覧会・ライブ | Comments(0)
ご縁の旅
今年も行きましたよ!!

タイのチャンマイに住む河野御夫妻と、その器たちに会いに
香川県高松市へ行ってきました。

今年で3度目のプシプシーナ珈琲さんでの陶芸の個展。
今回は会期中に "せっちゃん" 特製の本場タイカレーを食すことができるという
その日に合わせて行ってきました。

一年ぶりのせっちゃんと卓治さんとの再会でしたが、去年はさすがに10年ぶり
という事もありドキドキ感が大きかったのですが、
今年はメールでのやりとりや、ちょっとした不思議な共通知人がいる
ということもあり、ひさしぶり!と言った感じで、
昔に戻った気がしました。

今回は相方も一緒に行ったのですが、お二人のなんとも言えない、
ほわり〜としたとてもゆっくりな雰囲気にすっかり魅了された様子でした。

そしてそして、なんと言っても楽しみにしていたのが、
卓治さんの作品達に会えること!

今回も、あたたかで優しい素敵な作品が並んでいました。

色々欲しい器や花生けもあったのですが、
今回は事務所で使うお客さん用のコーヒーカップと自分たちのカップを買うと
決めていたので、素敵なコーヒカップがゲットできて大満足です。

卓治さんの器は、シンプルでしかも使いやすいんです。
日常に使えるというのは、素晴らしい事だと思うし、生活を感じさせてくれる。
そんな卓治さんの器達。本当に素敵です。

d0116299_1829186.jpg

↓今回買ったコーヒーカップ。
d0116299_1828566.jpg

写真が上手く撮れなかったので、せっちゃんの写真を拝借させていただきました。

↓自分たち用のカップ。こちらもせっちゃんの写真を拝借。
d0116299_18281818.jpg

相方は濃い茶色、私は白っぽいカップをそれぞれチョイス。
友人のプレゼント用にもカップを買いました。
どれにしようか悩んだ結果、友人には形違いのカップを。
それも丸みのあるフォルムが素敵なカップです。

↓香川と言えばさぬきうどん。
d0116299_18282616.jpg

朝一に高松に着いたので、朝食に食べました。美味しかったです。

↓せっちゃん特製のグリーンカレー。
d0116299_18283773.jpg

スパイシーで辛かったけど、めっちゃ美味しかったです!

↓香川と言えばさぬきうどんと、この骨付き鶏も名物だそうです。
d0116299_18285158.jpg

去年otimo夫妻に教えてもらって、美味しかったので、
まだ体験していなかった河野御夫妻と共に、今年も食べに行きました。
美味しかった。。。

そしてそして今回は、ご縁の旅でもありました。

まずは、槙塚鉄工所の槙塚さんことマッキーさんと
日常の素敵な写真を撮られている、なっちゃんさん

個展が行われてるプシプシーナ珈琲さんの常連さんなんですが、
グリーンカレーを食べにいらっしゃて、お会いする事ができました。

マッキーさんは鉄工所のお仕事以外に、廃材などを使ってテーブルや
オブジェなどを作ったり、ご自身の工房でギャラリーもされてるという事を聞き、
遅い時間に工房へお邪魔させていただく事になりました。

そこには廃材を上手く利用した鉄のオブジェや、
レコードプレーヤ内蔵の耕耘機などなど、
楽しくてユーモアで実によく考えられた作品が展示されていました。
遅い時間にも関わらず、色々とお話をしてくださり、
とてもいい時間を過ごす事ができました。
(とにかく欲しいものが沢山ある楽しい場所でした)

そして写真を撮られているなっちゃんさんは、京都から来ましたと話してたら、
子供が京都に居るのでよく行きますと気さくに話しかけてくださり、
とても大学生の子供がいらしゃるとは思えない若々しい素敵な方でした。

11月6日から15日まで、高松市内のギャラリーで写真展をされるそうで、
何枚か作品も見せていただきましたが、何気ない日常の風景を
とても素敵に写し出されていて、驚きました。

改めて香川(高松)には地元を愛し熱い思いを持った人たちが
沢山いるなぁと実感した濃厚な一日でした。

そして翌日、
今年でリニューアル2周年を迎えられた埼玉のワタナベさんへ
お祝いのお電話をして、久しぶりに色々お話していたなかで
『香川県へ昨日行きました』と昨日の話をしていました。
そしたら、ワタナベ奥様ノリコさんのアンテナがピピ〜と反応したみたいで
卓治さんの陶芸作品にとても興味を示され、
お写真を送ったら実際作品を見てみたいという事になり、
なんとなんと!
その2日後に飛行機で高松プシプシーナ珈琲さんへ足を運ばれたのです。

そして、日帰りで時間も少ない中、私達以上に香川の旅を満喫された様で、
しかも卓治さんの作品と人柄に触れられ、とても感動されていました。

コーヒーカップを購入されたそうなので、
ワタナベ店内にある
私達が設計した 曲線の桐とレンガのテーブル
(このテーブルは上手く作れたので私達もとても気に入っています)
河野御夫婦がチェンマイで作られた コーヒーカップを使用して
コーヒーが飲めるということです。

チェンマイと京都と埼玉と高松が線で繋がった瞬間ですね。。
(そういえばワタナベの在る埼玉県加須市もうどん所です)

改めてノリコさんのパワーと行動力には驚かされます(笑)

そんなこんなで、

河野御夫妻とのご縁、

香川での しい ご縁、

そして、埼玉ワタナベ様と河野御夫妻とのご縁。

色んなご縁を感じた香川県高松プシプシーナ珈琲さんへの旅でした。

楽しい一日でした。

(terco)

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2009-11-03 18:44 | 個展・展覧会・ライブ | Comments(2)