a.un 滋賀の建築設計事務所 。住宅や店舗を設計監理してます 。
カテゴリ:その他建築( 30 )
竣工写真
「ツのいえ」と「ii ひろば」の竣工写真をホームページにUPしました。
どうぞご覧下さい。→

今回「ツのいえ」は、おなじみ斉藤くん撮影です。

「ii ひろば」は a.un シンメイが撮影しました。。。

皆様どうかお手柔らかに。(笑)


(a.un)
[PR]
by aunmidori | 2011-04-20 01:18 | その他建築 | Comments(0)
2010年も大変お世話になりました。
d0116299_044093.jpg


2010年も大変お世話になりました。

6月にはサッカーのワールドカップがありました。
日本サッカーの主役が10番から18番へ変わった後すぐにドイツで活躍している
新10番が主役の座を射止めるような状況となりました。
たった一年で、人生上がったり、下がったりするようです。

私たちも2010年は、本当に沢山の方に声をかけていただきまして、
充実した仕事をさせていただいたことに、深く感謝しております。

2011年は、このまま仕事量を維持することが目的ではありません。

私たちの考えることと
お客様の望むものの誤差が少なくなること。
そして関わっていただいた人、全員が誇れるような仕事。
それらを実現できる力を身につけたいです。

まだまだ全ての面でレベルを上げなくてはいけませんが、
絶対に仕事の質を下げないように 一歩 一歩 ゆっくり上がっていきたいです。

そして、2011年早々に空と緑と水のある町へ拠点を移そうと考えております。
こちらもとても楽しみにしているところです。

では、皆様よいお年をお迎え下さい。

2011年も a.un 建築設計事務所 を宜しくお願いいたします。

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2010-12-30 23:04 | その他建築 | Comments(2)
癒しクリームパンと美人パン
garcon・d'orのオーナーからご相談をいただいておりました、
パンの新商品のシールラベルが、出来上がりました。

新商品の名前は「癒しクリームパン」と「美人パン」です。

デザインするにあたり、オーナーから言われたのが、

「癒しクリームパン」には、
「いやされる=ほっとする」「子供」「キャラクター」、

「美人パン」には、
「愁い」「はかなさ」が欲しいという事でした。

どちらも見事に表現されてると思いませんか?!

ナホちゃん、今回も時間のない中、本当にお疲れ様でした。
d0116299_21515362.jpg

現在は「癒しクリームパン」のみ販売中ですが、「美人パン」も楽しみです。
d0116299_21545699.jpg


(a.un)
[PR]
by aunmidori | 2010-12-09 21:55 | その他建築 | Comments(2)
色んなご相談
菰野の家

4年前に設計させていただいた初めての住宅です。
d0116299_012235.jpg

今回、ご相談をいただいて色んなことをご提案させていただくことになりました。

そして数年ぶりに、ご主人とお会いすることができました。
3年半ぶりでしょうか??
とても楽しく生活されているようで、久しぶりにお話できて嬉しかったです。

今回のご相談は、ご主人の仕事内容と関係し充実度の向上に繋がる部分なので
なんとか予算内で収まるよう提案できると良いのですが。



garcon・d'or

新しくメニューに加わるパンのイメージキャラクターを相談いただきました。

といっても設計事務所ですから、キャラクター作成などできないので
ワインラベルでもお世話になったアオキナホさんにお任せすることになりました。
(a.unは口だけだして、言いたいこと言ってます 笑)

とりあえず時間がないので、がんばっていただいてます。
(a.unは心の中でアオキナホさんを応援するだけ 笑)

百音さんでの個展が終わったばかりですが、がんばってね!


(a.un)

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2010-11-11 00:41 | その他建築 | Comments(0)
2日連続の打合せ
12/12(土曜日)
d0116299_21473280.jpg

『愛宕山の家』が、とあるテレビ番組で取り上げていただく事になりました。

その制作スタッフの方と施主さんとの現地打合せがあり、建物の建築的な
ご質問にお答えしようと、同席させていただきました。

建築のほぼ全てを木材で包んだ住宅ですから、木についての質問や、
プランについて、動線について海の見え方について 等々
沢山の質問に答えさせていただきました。

実際に現場でお答えした方が、理解していただき易いと思うので
打合せに参加して良かったです。

2010年早々に撮影があるので、撮影前の掃除等また手伝いに行こうと思います!


12/13(日曜日)

愛知県で住宅のリフォームについてご相談いただき
現場での打合せに行ってきました。
メールでのやりとりで状況を聞いていた中でのイメージよりも
住宅は築年数も浅く、奇麗な状態でしたが
お子様のスペースと収納スペースがないのが大きな問題のようです。
仕事させていただけるか、どうなるか分かりませんが、色んな事を考えながら
車を運転して帰りました。
d0116299_21571546.jpg

そして帰りに豊川稲荷に立ち寄りました。
最近、神社にハマっていまして・・
でも、豊川稲荷は神社ではなく、寺院だそうです。
商売繁盛。。

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2009-12-15 22:08 | その他建築 | Comments(0)
カード色々
最近はその道のプロと仕事をする事が楽しくて、
oasi以降カードのデザインを自分でする事が減り、
今まで本業でもないので、あえてあまり表に出すことはなかったのですが、
ecottoのヤマネさんからのお言葉もあり、
ざっと並べてみると、意外にカード作ってました。
事務所のカード、名刺、ecottoのカード、名刺、百音さんのカード、名刺などなど

建築設計とは違って法律などにとらわれなくてもいいので、
ある意味で自由ですが、
久々にやってみると、絵もかけないし、
出来る範囲の狭さや自分の頭の固さを実感し、
以前より難しさも痛感しました。

それでも、気に入ってくださってる方がいる事に感謝です。

d0116299_2194484.jpg
d0116299_2195681.jpg
d0116299_2110470.jpg
d0116299_21101338.jpg
d0116299_21102619.jpg
d0116299_2110357.jpg



(terco)

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2009-10-02 21:01 | その他建築 | Comments(0)
a.unオープン!?
a.unのカードが出来ました。
なかなかかわいいです。
お店で言うショップカードの様なものですね。
いろんなお店に置いてもらおうと思ってます。
たくさんの方に手にとってもらえたらいいなぁ〜

”一期一会”

私達の仕事はまさにその一言に尽きます。
家を建てる、お店を出す、リフォームするなど、
その人にとって一生に一度あるかないかの大きな決断です。

その時を、その人と、私達は精一杯、心を込めて、
そこにしかない場所(空間)を創っていきます。

d0116299_18473319.jpg

ちょっと作り過ぎたかも。。。


a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2009-03-26 18:49 | その他建築 | Comments(0)
果報は寝て待て
昨年より進めておりました
京都府内『観音の家』の改装計画は
お施主様の御都合により、一旦仕事ストップとなりました。

誠実に考え、私達からお伝えしたことは
もう一度全てを考え直してはどうでしょう?ということでした。

本当に改装で良いのか?
それとも、新築?
改装も新築も必要ではない?
大きく言えば今後の人生をどこで、どのように生活していくのか?

若輩者が生意気なアドバイスをしたかもしれませんが
『確かにそうやな』
と納得していただき、双方に対する理解度は深まったと思います。

でも、施主さんの気持ちの勢いだけで建築を作ることは
極力避けたいと考えています。
(結論が出た後の勢いは必要ですけど)

私達としては
『果報は寝て待て』
の心境です。
気長に待ちましょ。

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2009-02-18 12:39 | その他建築 | Comments(0)
次の展開
『愛宕山の家』
現場に足を運ぶ。
監理も大事なのですが、木造の軸組が現しで見れるので今後(次作以降)の展開を勝手に考えます。そういう妄想がとても楽しい。
大工さんは何ボォーとしてるねん!
と思ってるかも…
何となく40歳までに自分らしい建築を作りたいと目標を掲げています。
その為にも、勝手な妄想で頭を一杯にすることは僕にとって非常に大事な訓練なのです。(たぶん…)
(森)
[PR]
by aunmidori | 2009-02-02 00:00 | その他建築 | Comments(0)
正面といえば
昨日、相方がとてもよい文章を書いてくれたと思う。

で、少し考えてみた。

建築(住宅)に正面はあるのだろうか?
住宅について考えてみると、都市の密集した住宅地を除けば
少し地方へ行くと、70坪以上の敷地に住宅を建てることが普通にある。
そういう場所だと、いろんな角度からその建築(住宅)を眺めることができ
どの面もこれが正面だなんて言えなくなってくる。

建ってしまえば、その場所固有の風景になるのが建築(住宅)だから、
風景を作り出している以上、表、裏なんて設計者には定義できる権限はない。

『すべての角度から、見られて恥ずかしくない建築をつくる』
こういうと簡単だけど、実際にはとても難しい。

空調機器の室外機。
ガスメータ。
ガスの給湯器。
電気メータ。
エコキュート。
電気の引き込み。

様々な設備関係の機器が建築(住宅)には、否応なしにくっついてくる。
それらを上手く隠しながら建築(住宅)をつくる、簡単な方法は一番目立たない面に
集中的に集めてしまうことだ。
でも、それをすることで意識の中では、建築の表と裏を定義してしまうことになる。

僕らが設計した〔菰野の家〕も、〔愛宕山の家〕も西面は集中的に色んな機器が
くっていている。

全ての面、角度(建物の上から鳥さんが見ても)から見て恥ずかしくない
建築(住宅)を意識して、少しでも美しい街並み、風景を作らなければと考えている。

d0116299_1341668.gif

菰野の家
夜になると、四角い小窓から光が漏れて、『街の提灯みたいになれば』と思いました。
団地内の夜の風景になってくれていたら幸いなんですがね・・・

a.un | 建築設計事務所
[PR]
by aunmidori | 2008-12-05 13:27 | その他建築 | Comments(3)